RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Me209V1 (Huma)
2005年01月28日 (金) 18:33 * 編集
20050128181839.jpg
20050128181935.jpg

1939年当時レシプロ機世界最高スピードをマークした機体で、
記録はなんと1969年まで破られなかったということです。
20050128181909.jpg

スピードを出すことに特化した機体は独特の機能美があります。
Humaの製品中でも初期のもので、モールド及びパーツの精度
ともにあまりよくありません。ディテールも最低限の表現のみ。

20050128181744.jpg


だるいエンジンの排気管モールドはあまり酷いので削り取って
ハセガワのBf109Eから切り出したものにつけかえてみました。
同じDB601A系のエンジンだからそう違いは無いという判断で。
(この移植が正しいかどうかは知りません。まずは見た目重視)
キットのスジボリはあまりにぬる太なのでのばしランナーで埋
めホリ直しました。足回りのディテールを少し追加しています。
コックピットはよく見えないのでシートベルトのみ加えました。
これはHumaの大問題ですが、とにかくデカールが厚くて硬い!
このころはまだデカールの透明部分を切り出すなどということ
を知らなかったので無理矢理厚吹きクリアーでごまかしました。
私としてはクリアのテラテラの艶ありは少々違和感があります。
プロペラは特製真鍮線+パイプが仕込まれておりよく廻ります。
スポンサーサイト
■ Comment
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。