RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ ING
2005年01月29日 (土) 18:58 * 編集
20050129183444.jpg

現在進行中(停滞中)の機体。
●M35b (Huma)
20050129183655.jpg

曲芸飛行機のようなマーキングで出来上がりが楽しみです。が、
Humaの第一作目なので、モールドが甘くすべて埋め直し。床板、
内部の構造などを適当に作ったりしていますが、パーツのキレが
超低く萎えます。完成までにはまだまだしばらくかかりそうです。

●Do17Z (Monogram)
20050129183843.jpg

フラップダウンにするエッチングパーツを使ってみました。
面倒な割にはあまり目立たなそうでモチベーションが下がり気味。
モノグラムにしてはディテールの表現が甘いのでメーターパネル
などbunseidoの筆で適当に描いておきました。透明部品をクリア
バックスにするかキットのパーツでいくか思案中。それくらいモノ
のクリアパーツの透明度はすばらしいです。

●Ar96 (Encore←Heller)
20050129184032.jpg

こういう地味な機体を製品化するエレールって本当に素晴らしい。
キットは後にアンコールブランドで出されたものですが、ひけが多
くてちょっと大変です。困ったことに風防に目立つ段差があって、
それをとろうと磨いていたら、実は段差ではなくてクラックでした。
もう一つアンコールの96があったので調べてみたらやはりクラック
が入っていました。やはりプラモデルは金型に痛みが出る前に購入
しなくてはいけないということでしょうか。
最近96用のクリアバックスを購入し、作業の再開を待っています。

●Fi156 (Heller+Academy)
20050129184613.jpg

エレールのものを作っていましたがキャノピーがうまく組めません。
キット3個分もだめにしてしまいました。というわけで、方針転換。
胴体+キャノピーをアカデミーのキットからコンバートすることに。
じゃあアカデミー全部作れって?アカデミーの主翼はひどすぎます。
いったい何で出来ている?って感じの表現。外形はほぼエレールの
コピーっぽいので以外とそれほど苦労せずに合体できそうな予感~。

番外●Fi103R (Encore←Heller)
20050129184824.jpg

Ba349との2機セット。先に Ba349が完成してしまいした。
あとは塗装を待つばかり。
スポンサーサイト
■ Comment
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。