RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Fi156C (Heller) #Sizuoka Ver.# 2005/5/15完成
2005年05月16日 (月) 19:31 * 編集
fi156shiztops.jpg
fi156shiz*3s.jpg

特別な日のために。
5月11日に完成したFi156Cを15日の静岡ホビーショー
BlogModelersの展示会へ出品するためソリ付き冬季迷彩に変更
したものです。展示会自体出品することはおろか見学するのも初
めてだったので、せっかくならブログとは似て非なるものを見て
もらいたいと思い、完成後すぐに化粧直しに取りかかりました。

fi156shizfs.jpg

ソリなどは完成していたので二日もあれば何とかなると思ってい
たのですが、いきなりトラブル発生。実機での冬季迷彩は、筆や
エアブラシを使ってマーキングを避けるようにして白い水性塗料
を塗っています。つまり機体を白に塗りつぶした後にデカールを
貼り直したのでは綺麗に仕上がりますが、本格派冬季迷彩っぽく
ならないのです。

fi156shiz*2s.jpg

デカールをスキャンしたデータから国籍マーク、コードレター、
他、マーキングのシルエットをダブルトレペに印刷、それを切り
出してすでにデカールで貼ってあるマーク、コードレターの上に
かぶせ、それをマスクとしてまわりにエアブラシで白を吹くこと
にしました。白もほんの少しボケあしがついていた方がよいので
マスクゾルをデカールの上に点付けしてトレペを浮かせたのが…。

fi156shizbs.jpg

悪夢の始まり。いい感じでマーキングの回りに適度なボケあしの
白が吹けたのですが、トレペをとると「デカール、剥がれてる!」
時間的余裕が無くなると人間というものはもろいもので、
エッチングパーツは折る、アンテナは飛ばす、スラットはとる、
半日どろ沼をさまよった後、落ち着きを取り戻して時間の限り
作業。幸い白塗料はエナメルでしたので、マークやコードレター
の部分をシンナーでとる、筆で塗るを繰りかえした後デカー
ルを貼り、コピックで汚しました。

当初思っていた仕上りからは相当かけ離れた完成品になりました。
でも失敗は成功の母、次はもっと上手く要領よくなりますように。
スポンサーサイト
■ Comment
オーバーペイントの取ってつけた感じがよくでてますね。橇も真鍮ですか?こういうところがシャープだといいですね。まさに神は細部の宿るですねえ。
2005/05/16(月) 22:03:57 * URL * toy #-[編集]
toyさん、こんばんは。
本当はキュアホワイトを目指したんですけどね。
残念ながらウルトラQに出てくる「ウー」みたいに
なってしまいました。
ただ、戦争末期ルフトバッフェの悲哀のようなものは出た気がします。
補給物資が滞り、戦勝国仕上げは無理でありました。
でも、橇はエッチング改です。
2005/05/16(月) 22:44:01 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
びっくりしましたよ
静岡に舞い降りたシュトルヒは冬季迷彩をかけていた…ホントびっくりしましたよ。
応急処置的なオーバーペイントの雰囲気もすごかったですが、その裏にはものすごい苦労があったんですね。
金属加工、オイラもうまくなりたいっす(・∀・)ノ
2005/05/17(火) 01:26:17 * URL * るーぷあんてな #oyCfJ0mM[編集]
びっくりしたかった・・
白桃サン、おはようございます。
静岡のためにわざわざ手をかける・・・その姿勢からして見習わねば・・

この雰囲気を生で見られなかったのは本当に悔やまれます。
次の機会には是非、白桃さんの力作が拝めますようにぱんぱん。(‐人‐)

ところで、リンクさせてもらってよろしいでしょうか?
2005/05/17(火) 07:30:36 * URL * もでりんぐ割烹 #WksCB13w[編集]
るーぷあんてなさん、こんにちは。
中途半端な仕上がりでお恥ずかしい限りですが、
びっくりして頂けて嬉しいです。
なんだかぐるぐる時間だけが過ぎてお話は
出来ませんでしたが、るーぷさんの生作を
見ることが出来てとても参考になりました。
特にアルバトロス…。
あのサイズであのハケ目塗装再現。
驚きました。
2005/05/17(火) 09:16:06 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
もでりんぐ割烹さんこんにちは。
私も、割烹さんの徹底工作を超えた「キットは芯」
状態のスクラッチ作品を見たかったです。
でも、多分見ることが出来る日が来ますよね。

リンクをして頂けるとむしろ嬉しいくらいです。
私もリンクさせてくださいね。

これからもよろしくお願いします。
2005/05/17(火) 09:21:02 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
ジツシです。

うっはー、これは凄すぎ。というか冬季迷彩ってafvをメインでやっていたわたしでも躊躇しますよぉぉぉ。基本的にはアクリル水性塗料を戦場でぶっ掛けただけなんで、本来はいい加減な塗装なんですが、いかに模型映えするかを両立させて考えると、殆ど空想の世界になっちゃうんですよねぇぇ。afvだと錆とかオイル汚れとかススである程度の情報量の増加と誤魔化しができますが、航空機では手法が限られてきますねぇぇ。逆にシュトルヒだからこそできた冬季迷彩だと思いますねぇぇ。キット選択の妙ですよぉぉ。またそりがいいですねぇぇぇ。ムスタング用のホワイトメタルそりありますので、スキー仕様造りたくなりましたよぉぉぉぉ。あ、敵仕様でしたね、すみません。:-P
2005/05/17(火) 09:38:03 * URL * ジツシ #-[編集]
ジツシさん、こんにちは。
マスキングを失敗してしこしこエナメルで塗装をはぎ取っては
筆で描いていたわけですが、感覚としてエナメルは
「つくか、とれるか」って感じなんですよね。
色がベターっと伸びてくれない。もしかしたら
こういうとき油絵の具が威力を発揮するのか、と
思ったのですがどうなんでしょうね。
展示会では、afvのすさまじい作品を目の当たりにして
その表現力の高さ、ジツシさんの良く言う情報量の多さ
に少々へこみ気味でした。正直勝負になりまへん。
2005/05/17(火) 11:03:05 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
こんばんはー
疲れを感じさせない
素早い更新で恐れ入りますううう

当日はテンパり過ぎて聞こう聞こうと
思っていたのに聞けなかったのが
シュトルヒの冬季迷彩方法だったのですよおおお

記事にしてくれて助かりましたあああ

やっぱり生で聞いておけばヨカッタと思っておりますうううううう

2005/05/17(火) 22:36:51 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
しょぼんぬさん、こんばんは。
私もしょぼんぬさんともう少し話したかったですよ。
でもしょぼんぬさん、人気者でなかなか近づけなかったです。
冬季迷彩は、エナメル白(時間がなかったから
効率重視でツヤ消し8:ツヤ2)をブラシで
吹きつけ塗りつぶし、コードレター部分を
エナメルシンナーを面そう筆につけて取っていく、
取りすぎたら面相筆で描き込んでいくの繰り返し。
最後にシャビシャビに溶いた白を軽く全体に
吹きかけました。あとはコピックです。

それはそうと、ネコノカワほすぃーです。
どこに行ったら買えますか?
2005/05/17(火) 23:07:30 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。