RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ bu109v1制作#7
2005年06月02日 (木) 10:24 * 編集
bu109v1-7tops.jpg

バルジ完成
本日は、バルジを接着するにあたって翼の表面処理とスジボリ
をします。るーぷあんてなさんの丁寧な仕事をみて自分なりに
いつもよりいくらか慎重に作業します。キットのバルジを削る
時に出来た傷や気泡などがあるので、先日買った瞬着用パテパ
ウダーを使用。確かに瞬着の量が減りますが、このパウダー自
体決して安いとは言えないためコストパフォーマンスについて
は判断しかねます。ただ削り具合は瞬着のみより良いようです。

bu109v1-7-1s.jpg

バルジを接着。この時点でさらに薄く削りこみます。
問題はバルジの形状、というより翼との関係で、ただバルジを
接着しただけですと膨らんだ外板をくっつけた感じになります。
実機では外板を裏から叩き出した、つまり滑らかに膨らんだ形
状をしているのです。ですからパテで滑らか部分を再現します。

bu109v1-7*2s.jpg

まず、回りを汚さないようにマスキングをし、エポパテつけ、
先が円筒形のスパチュラで押しつけるようにして塗りつけてい
きます。結構力を入れてスパチュラの円筒形のアールでへこん
だカーブを再現するのです。

bu109v1-7**2s.jpg

バルジの回りにぐるりとパテが盛れたら、よけいな部分をこそ
げとって、乾燥、削ってとりあえず完成です。

が、まだ翼が出来ただけでした、ハァ~。


スポンサーサイト
■ Comment
店長!
すばらしい工作ですねえ。
丁寧さ、よくわかります。
ここまで手を加えてもらうと、キットも成仏できるというもの。

バルジ大作戦、成功ですね。
2005/06/02(木) 17:11:42 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
こんばんは
見事な工作、さすがです!
単に膨らんでいれば良いというものではなかったのですね。
狙い通りの滑らかなつながり感が出せたのでは?こだわりと美意識に感服しました。
2005/06/02(木) 19:38:49 * URL * ドカ山@残業中 #EQLx3PZo[編集]
おお!桃尻マジック!
すごいですねえ。
滑らか加工のヒミツは、スパチュラごしごしなのですね!
びしΣm9・∀・)
2005/06/02(木) 21:25:39 * URL * Mach0.9 #u4v.VLko[編集]
Kazuさん、こんばんは。
このバルジは、翼とタイヤのクリアランスをかせぐ
ものなので、本当は翼の上面を削って、タイヤハウス内
にへこみを作ろうと思ったのですが、エポパテバルジが
二度も割れてしまい、あきらめました。
考えてみたら、バルジを作ると思わず、
バルジを含む外板一枚分を塩ビで絞っちゃうのも
ありだったなあと思っています。
2005/06/02(木) 23:43:02 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
ドカ山さん、こんばんは。
ナメラカーをやらないことにはキットを削った意味が
無くなってしまうので、色々考えた結果こうなりました。
はじめは液パテ500をどろっとつければ何とか
なるかと思っていたのですが、試作の結果アールが
一定にならなかったので苦肉の策です。
最悪の結果も予想していたのですがうまくいってよかったです。
2005/06/02(木) 23:50:29 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
Mach0.9さん、こんばんは。
しらさぎですよ、しらさぎ。しろさぎじゃなくって。
昨年のハンズメッセで購入したスパチュラ12本ぐらいセットは
大変重宝しています。その前まで国産の4本ぐらいセットを
使っていたのですが、やはりいっぱいあるといっぱい使い道が
ありますね。パキスタン製で仕上げが雑ですが、
一セットあると本当に便利です。
意味もなく(・∀・6m>ばし!
2005/06/03(金) 00:00:08 * URL * しらさぎ洋書 #-[編集]
こんばんはー

こだわりの工作がステキでゴザイマスよおおお
なかなか出来る事ではないですよ
やはり
確かな技術があってこそ
こだわれるというものでゴザイマスよ
お見事なのでゴザイマスー
2005/06/03(金) 02:56:10 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
こだわってますね
なるほど~、K型のバルジよりもなめらかなふくらみなんですね。

瞬着用パテパウダーって、アルテコの粉と同じようなものなのでしょうか?
2005/06/03(金) 03:04:08 * URL * るーぷあんてな #oyCfJ0mM[編集]
ジツシです。

うーん、「バルジ」自体なんのための形状なのか全くわかりませんでしたが、一つおりこうさんになりましたよぉ。そしてバルジ再現おみごとですよぉ。最初の写真だけみると、自然すぎて修正したことわかりませんねぇ。わたしなら少しぐらいいびつに作って、修正していますよぉぉぉとアピールしますが。:-P

そういえばアルテコのパウダーは100均のベビーパウダーが使えるとか。:-P
2005/06/03(金) 08:03:37 * URL * ジツシ #-[編集]
しょぼんぬさん、こんばんは。
技術はいつも後付けですよ。
次はもっと要領よく出来るかなと思っても
次使わないような方法がほとんどで、
「塗装とか仕上げにもっと時間をかけろよ」と
自分に言ってみたりしてます。

2005/06/03(金) 15:05:31 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
るーぷあんてなさん、こんにちは。
滑らかってあたりがV機、プロトっぽいところではあります。
電杆76号さんから送って頂いた資料には装着予定だった
タイヤが間に合わず幅広のタイヤを使ったため、
脚がしまいきれず急遽バルジをもうけたとありました。
次期戦闘機候補であったわけですから、その場しのぎ
とはいえ、少しでも空気抵抗の少ない形状にするというのは
あり得る話ですね。
パウダーはポリパテの削りかすでも同じだという予感。
2005/06/03(金) 15:28:31 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
じつしさん、こんにちは。
「厚いものを薄くする」とか「太いものを細くする」
とか「くっついているものを、離す」という工作は
比較的楽な作業なのですが、「外形に関わるパーツをつくる」と
いうのは難しいですね。いまさらながら…。
ベビーパウダー、確かに使えそうです。
昔F-1マシンのバックスキン張りのハンドルを
再現するのにベビーパウダーいり塗料を…。
ベビーパウダーはゆりかごからモデラーまでの超優良グッズですね。
2005/06/03(金) 15:34:45 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。