RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Bf109V1#12
2005年06月19日 (日) 01:54 * 編集
Bf109V1-12tops.jpg

士の字(ようやく)
目に見えて進む部分がない、というかなかなか手が動きません。
真鍮作業が終わってしまったので気が抜けた、ということは決
してありません。尾翼の接続部やエンジンカウルのあわせがか
なりよろしくないので、削ったり貼ったりの繰り返し。

Bf109V1-12*3s.jpg

カウルフラップの部分は、タル~んとしたモールドを削り落と
し、真鍮で作り直したフラップの厚み分を彫り込みはめ込みま
す。隙間やズレがあるので、棒ヤスリで削りながら調整。

Bf109V1-12cans.jpg

キャノピーのマスキングに例の高級素材を使ってみました。
水性のくせに粘度が少ないシャビシャビな状態なので、水はじ
きする感じでとても1度塗りでは安心できません。結局3度塗
りした後良く切れるナイフで切ったのですが、とても小さな面
積だったこともありますが、剥がれてしまいました。結局いつ
もと同じ細切りマスキングを使用することに。こんなことなら
最初から細切りにすればよかったです。キャノピーに良く切れ
ナイフの跡がついてしまいました。

Bf109V1-12lasts.jpg

全体にスジボリをし直し、サフェーサーをかけます。脚もつけ
てみました。ラジエーターのエッチングパーツが結構いい感じ。
そうそう、翼の付け根の空気取り入れ口も細いヤスリで開けて
おきました。だんだんV機の雰囲気が出てきました。
スポンサーサイト
■ Comment
こんばんは
久しぶりに一番乗りです(笑)
結構出来てきましたね。
普通の109と比べて機首が丸いのですね。印象がだいぶ異なります。
あっ翼下の冷却機が無いのですね。
全体の整形もさることながら、カウルフラップやバルジ、排気管など工夫された所がバッチリ決まってますね。さすがのバランスですね。完成が楽しみです
2005/06/19(日) 02:34:08 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
こんばんはー

斜め前方からの画像ですが
細い脚が妙に印象的でゴザイマスよおおお
細かい所にも手を抜かない
白鷺モデリングには
いつも感服なのでゴザイマスううう
2005/06/19(日) 03:56:31 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
ドカ山さん、こんにちは。
色々な面で試作機の雰囲気がありますよね。
ただ、写真を見ると実際はもう少しノーズが
長い印象なのですが、まだまだ武闘派になるには
修行が足りませんで、手をつけず。
そのあたりは「見なかった」ということで…。
2005/06/19(日) 10:02:56 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
しょぼんぬさん、こんにちは。
この斜め前からのショットはMe209にそっくりで、
笑っちゃいました。209はbf109試作のチョロQだったのです。
タイヤがはまっていないので余計におかしな雰囲気を
醸し出しています。
2005/06/19(日) 10:07:57 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
桃尻マジックキター!
すごいですねえ。
かっちりあがってきていますねえ。
排気管と、エッチングと、脚のシャープさもさることながら、
真鍮工作じゃないところもしっかりしあがっているところがさすがですねえ。
塗装前の今でこそわかる良いところが見えますねえ。

…来年の静岡で見たいなあ…とかつぶやいてみるテスト。
2005/06/19(日) 10:39:52 * URL * Mach0.9 #u4v.VLko[編集]
Mach0.9さん、こんにちは。
細かいところは細かいところとして、
色々なことを試したいのですが、
最近は最終的な表情につながる
「表面処理」をきちんとしなくては、と思っています。
基本的なことですが、これがなかなか難しい。
ということで、基本に立ち戻らなくてはと思う今日この頃です。
2005/06/19(日) 12:12:23 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
こんにちはー。

そうですか。私もマスキングリキッドには期待していたのですが、キャノピーのマスキング作業に革命を起こすほどの素材ではありませんでしたか。
やっぱり地道に細切りテープっすね。

初見ではなんかコミカルなヒコーキなんですねぇ、とか勘違いしたのですが、タイヤがはまっていないということで安心しました。
2005/06/19(日) 16:31:15 * URL * カトー #sqCyeZqA[編集]
カトーさん、こんにちは。
液マスク、強気の値段設定の割には
つっこみどころ満載です。
私的には色がショッキングピンクにでも
変わらない限り二度と買うことはないと思います。
値段設定といい、「ハセガワ策におぼれる」
といった印象です。
私には自家製ゾルがありますし、
細切りマスキングがやっぱりエエ。

2005/06/19(日) 16:48:08 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
ジツシです。

新ゾルは塗って切れることがウリなのに、まともに切れないならボロクソにいわれてもしかたないですねぇぇぇ。わたしも様子見だったんですが、どのみちゾルって子供の頃に嗅いだ匂いがトラウマでどうも生理的にダメなんで、まともに切れてもメインには使わないとは思いますけど。:-P

ちなみにゾルと一緒にならんでいたハセのワックスとコンパウンドはどうなんでしょうねぇ? コンパウンドは目詰まりしないということなので、チッと気になりまーす。
2005/06/19(日) 22:22:30 * URL * ジツシ #-[編集]
ジツシさん、こんばんは。
ゾルじゃなくてワックスセットにすれば良かったですよ。
まあ、私の使い方の問題ってこともありますが、
旧マスキングゾルと比べて8倍の価格で、明らかに
緩いわけですからやっぱり褒められたものではないような…。
2005/06/19(日) 22:49:28 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
ううむ、
いい感じじゃないですか。
薄いところは薄く、細いところは細く、繊細な白鷺テイスト満点の作風ですね。
このあと店長がどのように塗装を進めるか、楽しみです!
2005/06/20(月) 09:19:01 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
kazuさん、こんにちは。
厚いものを薄くとかは目的と行為がはっきりしているので
結構サクサク進むのですが、最近気になっている
「表面処理」=いかに平滑な面をつくってのかという
ことについてはなかなかうまい方法論が見つかりません。
どの時点でスジボリをするか、どの時点でサフェーサーを
かけるかなど…。難しいことだらけです。

塗装は試作機ということもあり、実機がかなりぴかぴか
仕上げなのであまり汚さないでさらっと行こうと思っています。
2005/06/20(月) 10:18:39 * URL * 白鷺洋書 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。