RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 大失敗の巻
2005年08月10日 (水) 01:55 * 編集
XXXtop.jpg

メタリックカラーって…。
考えてみれば当たり前でした。メタリックカラーの上にクリア
コートしてマスキングをすればどういうことになるか…。
十分に磨けば大丈夫かと思ったのですが、甘い甘い。酷いこと
になってしまいました。時節柄日焼けで皮がむけた小学生のよ
うであります。とにかくサンドペーパーで塗装を一度むき直し。
当然尾翼がはずれたりろくなことがありません。つらっ!!

XXX2.jpg

メタリックカラーの他は8番のシルバー、そしてこの間購入の
スーパーチタンがあるのみ。スーパーチタンは胴体に使いたか
ったので、いくつか買い足しました。スーパーアイアン、スー
パーファインシルバー、スーパーシルバー、コート用のスーパ
ークリア、スーパークリア・グレートーン。全てがスーパー。
スーパーシルバーを使ってみましたが8番よりも粒子が細かく
いい感じ。ガムの包み紙みたいです。というわけで、ようやく
再開といったところです。

xxx3.jpg

カトーさんが余りに楽しそうにエディーの複葉機を作っている
ので、思わず購入。1/48はテリトリー外ですが、今日は特別。
カトーさんご明察の [Pfalz D.IIIa] 。性能的には今ひとつの
ようですが、スタイルはとてもカッコイイです。

xxx4.jpg

もう一つはユンカース初の全金属の初受注機 [Junkers J.I] 。
ユンカースの機体は総じて無骨ですが、もちろんこれも相当に
野暮ったいです。飛行機というよりは戦車っぽい。張り線も無
いので、繊細さのかけらも感じられません。カッコイイです。
これはプロフィバック。
スポンサーサイト
塗装考 * Top * hs132#14
■ Comment
シルバー塗装は大変です。
( ・∀・)ノ ど~もです。
皮むけ状態になった原因として考えられるのは、
・乾燥時間不足
・マスキングテープの糊がつおい
が考えられます。
F-86製作で同じ工程を踏んでいますが、サフを吹いて食いつきを良くし、作業が遅いから銀塗装後の乾燥時間がたっぷり取れたので、はがれることはありませんでした。
念のため、マスキングテープの糊を弱くしてやると、塗膜が持っていかれる事はなくなると思いますよ。

No.159スーパーシルバーは粒子が粗くギラギラするので、どちらかというとカーモデル向きだと思います。
パール総統の繊細な模型にはスーパーメタリック系の粒子の細かいメタリックが似合うと思います。



ファルツ、いいですね。この鹿のパーソナルマークのあるローデンの1/48 フォッカーD.VIIを作るつもりなので、並べてみたいです。
2005/08/10(水) 10:21:07 * URL * るーぷあんてな@オフィス #oyCfJ0mM[編集]
こんにちはー。

ウワサは伺ってましたが、ムケちゃいましたか。
ご愁傷サマーでゴザイマス。

実は私も以前、8番シルバーで似たような失敗をしたことがありまして、それ以降はクリアーを大量に混ぜてみたり、マスキングテープは粘着力を弱めてから使うようにしたり、そもそもシルバーは最後ぬ塗るようにしたりと、イロイロ試してはみたものの、ミナサマはどうやってるんだろ...とか思いまして、これがそもそも爆鮫銀の銀たる理由だったりするわけです。

リカバーおつかれさまでした。
再開編、期待しておりますよー。

それからPfalz。ビンゴでしたか。えへ。
実はこの黒いの、私も模型店を訪れるたびに、買うかどうか迷っていたやつです。
空気感のある黒い塗装を一度やってみたいものだなぁ、とか思っていまして。
もはや制作記が楽しみでなりませんー。

Junkers J.I、機首まわりのデザインといい、ホント無骨でカコイイすねぇ。
ローゼンジはデカールが付属しているんですか?
2005/08/10(水) 10:27:05 * URL * カトー #sqCyeZqA[編集]
るーぷあんてなさん、こんにちは。
しどい目に遭いました。これも修行のうちでしょうか。
今回はパネルラインのパテ埋め風をイメージしているので、
マスキングの繰り返しが多くなりそうなので恐怖です。
とにかく良く乾燥することを肝に銘じ作業をすすめます。
糊の粘着力を弱めるのはやはりケラチンが一番ですか?
ところで、8番の銀はかなり粒子が大きい感じに
みえましたが、159番は随分細かい印象でした。
スーパーメタリックシリーズはさらに細かいのでしょうか。使うのがたのしみです。
鹿さんカッコイイですね。フォッカーD.VIIは
優秀機ですが、ファルツは今一機だったのが難ですが。
2005/08/10(水) 15:37:02 * URL * 白鷺洋書(通常版) #-[編集]
カトーさん、こんにちは。
銀にクリアを大量混ぜするとどういう感じに
なるのでしょうか?ちょっと試してみます。
しかし、銀は塗装面の状態を克明に表すので
心の乱れている私のもっとも苦手なところです。
早くプロフィパックになりたいです。
久しぶりにキットを購入しました。
ズバリ当てられてしまいましたね。
ユンカースは思ったより小型です。全長は
He162と同じくらい。もちろん小スペースながら
ローゼンジーデカールつき。
私の見立てが正しければ説明書は使い古された
カラーレーザープリンタによる総天然色塗装指示。
このあたりも家内制手工業ながらエディーの
一生懸命が伝わってくる心温まる部分であります。

2005/08/10(水) 18:46:17 * URL * 白鷺洋書(通常版) #-[編集]
銀ですか
こんばんは
はじめまして、mikamiと申します。
kazuさんところから飛んできました。
銀塗装のマスキングは難しいですよね。
去年作ったハチロクはサフを吹いて乾燥した後に、グレーを7:3で混ぜた銀を吹きましたが、マスキングして他の色を吹くと、テープを剥がしたら肌荒れがおきるという状態がおこったり、スミ入れするとエナメルをふくました綿棒に色落ちしたりととても苦労しました。
銀の輝き具合が変わるのでクリアを吹くのは遠慮したいしです。
試行錯誤の連続ですよね。
2005/08/10(水) 21:05:38 * URL * mikami #tHX44QXM[編集]
銀の8番
どうも「どうよ」のP.E・kisimotoです。自分のblogにも書いたのですが
買ってきた8番の銀をしばし寝かしておき銀が沈殿したところで上澄み(色が付いていて粘り気が多いクリア)のクリア成分を捨て、その替わりにスーパークリアーを充填して使っています。私の銀はこれ一本です・・もちろん白とか色混ぜて調色してますが・・
この方法にしてはがれとかは無くなりました。
クリアが利いたしっとりした銀が吹けますよ。
2005/08/10(水) 21:26:12 * URL * P.E・kisimoto #-[編集]
はじめまして。
mikamiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今まで銀塗装自体あまりしたことが無かったので確かに
試行錯誤の連続です。しかも本塗装前のパテむき出し
仕上げなどととんでもない状態を選んでしまいました。
「始めて初めて分かる我が愚かさよ」といったところです。
これからもどうぞよろしくお願いします。
2005/08/10(水) 21:58:32 * URL * 白鷺洋書(通常版) #-[編集]
P.E・kisimotoさん、こんばんは。
kisimotoさんのブログで8番銀のこと読みました。
確かに8番のクリアって少し黄みがかっていますね。
これをスーパークリアに変えるという発想が凄いです。
ところでスーパークリアと普通のクリアと何が
違うのでしょうね。
あと、今回の仕上げではきっとkisimoto流
タッチアップが似合いそうな気がするのですが、
今ひとつ落としどころが分からないのでいつか
隼を見せてもらってイメージをつかみたいです。
2005/08/10(水) 22:10:49 * URL * 白鷺洋書(通常版) #-[編集]
こんばんわ。

パール総統くらい巧くても、巧く行かないことってあるんですねえ…
ちょっと新鮮な驚きですた。

何かで(むか~しのMA誌?)で、新聞紙の細切りをぬらして貼りつける、という恐るべき非粘着マスキングを見かけたことがありますよ。

それから、おいらは墨入れに
ペトロールという油絵用の溶剤を使ってます。
シンナーじゃないので、少しは「持ってかれ」度が小さいかも。
ただし、石油系溶剤であることは変わりないので、何らかの影響は与えているんでしょうけれど。
2005/08/10(水) 23:26:19 * URL * Mach0.9 #u4v.VLko[編集]
こんばんはー

なんだか
スーパーがイッパイでゴザイマスねえ
これだけスーパーが多いと
何がホントのスーパーなのか判りませんねえ

銀塗装はした事が無いので
コメントが出来ません

Junkers J.Iがそーとーにカコイイ事は良く解りましたよおおお
2005/08/10(水) 23:26:47 * URL * スーパーしょぼんぬ #-[編集]
Mach0.9さん、こんばんは。
毎日が試行錯誤です。
銀の恐怖は剥がれると徹底してリカバーしないと
変な模様が浮かび上がってくることです。
ほんとかどうか分かりませんが、
「日本刀に錆がでると、どんなに研いでもシミがのこる」
という話を聞いたことをふと思い出しました。
鏡面といわずとも反射の強いものというのは
見せたくない物も写してしまうということなのでしょうか?
ところで、ぬらした新聞紙というのは驚くべき
手法ですね。マスキングの際で塗料のはじかれ跡
はでないのでしょうか?でもアイディアに脱帽!
2005/08/10(水) 23:53:50 * URL * 白鷺洋書(通常以下版) #-[編集]
スーパーしょぼんぬさん、こんばんは。
スーパーメタリックの大人買いですよ~。
「限定」とか「今だけ」という甘言には強いのですが、
「スーパー」とか「ハイパー」とか「リアル仕上げ」とか
「超」とか「極」とかには理屈ヌキに弱いのです。
要は本人の問題なのですが…。
ユンカースは超かっこええですよ。
プロフィパック買いましたがエチングが余りに
細かくってびっくり。接着幅が0.2-0.3ミリ
程度しかないパーツがたくさん。ほとんど消えて無くなる予感。
これならば通常版にしておけば良かった。

2005/08/11(木) 00:03:31 * URL * 白鷺洋書(通常以下版) #-[編集]
こんばんは
私もしょぼんぬさん同様、実は銀塗装したことないのですよ(苦笑)
8番の銀はなぜかたくさん持っていて、20年ものから最近買った物まで7、8本ごろごろしてます。
しかし塗ってみると古いものと新しい物ではかなり風合いが異なる事に驚きです。無論、新しい物のほうが金属感が出てます。
因みに、マスキングテープの粘着力は手のひらに2、3回貼れば十分に弱まりますよ。
2005/08/11(木) 01:30:43 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
ドカ山さん、こんばんは。
ビンテージもののシンナーボトルといい、
20年ものの銀八といい、ドカ山さんは
とても物持ちが良いですね。
それにしてもドカ山さんが銀塗装をしたことがないなんて
ちょっと驚きです。
ところで、やはりマスキングテープの弱粘化は
ケラチンでしたか。ズボンの裾とか使うと糸くずが
ついちゃいますからね。
2005/08/11(木) 02:34:19 * URL * 白鷺洋書(通常以下版) #-[編集]
強力ケラチンは、
私の場合、こうやってゲトしてます。
マスキングする前のテープを、一度おでこに貼るんです。最近、脂ぎってきている私のおでこは、ちょうどいい感じで粘着力を落とします。

私の場合、ピカピカ銀系の塗装は、一番最後ですねえ。アルミドープは、8番銀+グレー+クリア、最近のピカピカ銀系塗料は、最後に塗るようにしてます。
2005/08/11(木) 15:30:55 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
Kazuさん、こんにちは。
今日も暑いですね。
おでこですか。おでこだと埃は付かなそうですね。
試してみますね。でも、Kazuさんが模型制作中おでこに
マスキングを貼っている姿をちょっと想像ししてしまいました。
銀は物理的な部分だけでなく、表現としても難しい
色だと言うことが何となく分かりました。
ある程度自分なりの方法論が確立するまでは、
失敗を繰り返すしかないみたいです。
でも、結構皆さんにいい「ヒント」をずいぶん頂いたので
うまくフィードバックしていきたいです。
2005/08/11(木) 15:56:51 * URL * 白鷺洋書(通常版) #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。