RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Ar96b制作#1
2005年02月01日 (火) 22:56 * 編集
20050201224153.jpg

これも中断していた作業の続きです。
20050201224759.jpg

実機は一万機以上生産されたアラド社最大の大ヒット作です。
使えないクリアパーツの代わりにクリアバックスを入手、再度
わが生産ラインにのぼったAr96b。目立つ派手さはありません
が、スマートで翼の形状などはなかなか格好よかったりします。
いわゆる「士」の字にはなっていたので、本日は脚収納庫の穴
を塞ぎます。塞ぐべき翼上面と下面との隙間がだいたい平行で
あればエバーグリーンのプラペーパー帯をぐるりと張りつけて
終わりなのですが、Ar96の脚収納庫が翼の前縁ぎりぎりに空い
ているためその手が使えず、パテで埋めることになりました。

20050201224242.jpg

せっかくですので今はやりのタミヤ「光硬化パテ」を使います。
金属へらを使ってどしどし埋めていきます。しかし、光が届き
にくい場所なので、詰めては光を当て詰めては光を当ての繰り
返し。おおよそ詰まったら良く切れるナイフや鋭い彫刻刀など
で大まかに削り形を整えます。とりあえず軽くペーパーをかけ、
ときパテを軽く筆塗りして様子をみたところで本日は終了。
ここがふさがるだけで、オモチャっぽさがなくなる気がします。
もっとも最近の模型には必要のないプロセスだと思いますが!!
ここからまだ表面を整えるのにすこし時間がかかりそうです。

光硬化パテは値段が高めですがこれは使えます。
スポンサーサイト
■ Comment
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。