RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Go145#10
2005年09月22日 (木) 00:00 * 編集
Go145*10top.jpg

今度こそコントロールホーン
何枚かの写真を見る限り下翼の下面にのみコントロール
ホーンと操作索が確認できます。操作索がどのようにと
り回されどのような形でコントロールホーンにつながる
のがよいのかが分からないので相変わらず見た感じモデ
リングは続きます。

Go145*10*2.jpg

コントロールホーンやアンテナ柱を金属に換装する際に
問題になるのは「どのようにつけるか」です。ただでさ
えそこつ者の私は、せっかく作ったパーツを、ある時は
服に、ある時はスタンドに、ある時は柱にぶつけてよく
なくします。薄く小さなパーツを接着するのは大変です。
そこで今回は真鍮線を潰して作ることにしました。言葉
で説明するとやっかいなのでプロセス写真のとおりです。
●0.4mm真鍮線を用意→●先端を潰す→●角度をつける、
→●整形する→●0.1mm真鍮線を半田付けする、です。

Go145*10*3.jpg

こんな感じで出来たのですが、実際に翼にあわせると少
し大きすぎました。さすがに0.1mm の真鍮線との接点が
小さくここから削りこむのは無理なので作り直しました。

Go145*10last.jpg

潰した部分から+0.5mmほど真鍮線のまま残した部分を翼
に埋め込んで完成。0.5mmでも埋め込むことで強さ倍増。
10分程度でふたつ作れたので慣れればパーツを削り出す
のより簡単に出来そうです。キットにコントロールホー
ンのみ埋め込んで操作索は後で瞬着、という方法ならさ
らに早く出来そうです。時間対効果の高い方法と太鼓判。
スポンサーサイト
■ Comment
こんばんはー

なるほど
直接埋め込んでしまうのですね。
細い細かい部品は
扱いも大変ですが
接着も大変ですよねええええ
2005/09/21(水) 23:48:31 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
しょぼんぬさん、こんばんは。
埋め込み、これ最高です。
それから、
真鍮線はとても柔らかいのでぎゅーっとやると
結構つぶれるものです。
万力でなくギザギザのないペンチでギューっというのが
良いみたいです。
2005/09/22(木) 00:25:31 * URL * パール #-[編集]
こんばんは
こっこりゃ凄い!!
模型製作もすでにナノテクノロジーの世界に突入か?!
複葉機の世界が恐ろしい物に思えてきました。(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル ((((
2005/09/22(木) 00:59:09 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
ドカ山さん、こんにちは。
このコントロールホーン、「潰して整形+索付け」と
かなり簡単です。もちろん索付けは瞬着でOK!
「エッチングパーツを切り出して整形、接着」の工程と
多分時間的にはほぼ変わらないと思います。
また、真鍮線の太さを変えることで、厚みや大きさを
結構自由に設定できるのも魅力です。
複葉機の恐ろしさはやはり「張り線の復讐」にあり。
ではないでしょうか。
2005/09/22(木) 09:43:24 * URL * パール #-[編集]
いやいや、恐ろしい作業ですねえ。
0.1mmですか。ここまでの細かさは、凄まじいの一言につきます。太鼓判を押せるのは、店長のみですよ。
そのうち、リブも真鍮線でイジリたおしそうですねえ(笑)。
2005/09/22(木) 18:58:11 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
Kazuさん、こんばんは。
恐ろしいだなんて、とんでもないです。
先日ブログにて Kazu さんに教えて頂いた
エッチングパーツコントロールホーンの接着のほうがかなり神業です。
太鼓判はもちろん万人に向けてのメッセージです。(断言)
もちろん「リブを真鍮線でイジリ倒す」ことは
万人向けのメッセージにはなりえないので、
マスターや暗黒卿にお任せしますね。
2005/09/23(金) 00:39:03 * URL * パール白鷺 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。