RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ He45#5
2005年10月04日 (火) 00:20 * 編集
He45*5top.jpg

肩こりの原因。
これまで「肩こり」に悩まされたことが無かったのですが、
突然、肩に重いものを感じて模型どころで無くなりました。
前の日にやっていた作業はHe45排気管工作。

He45*51.jpg

何しろ変な形です。とりあえず集合管を二分割にして曲げ
ます。大きいカーブはそのままカッターの柄でグイーッと、
小さなカーブは真鍮パイプにの中に真鍮線を仕込んでから
ティッシュでカバーしつつペンチでグィーッと。

He45*52.jpg

こんな感じです。次に各排気口からでる排気管をつけます。
両面テープを貼った上に並べていきます。とりあえず瞬着
で仮止めして半田付けに備えます。

He45*5-3.jpg

暗黒卿方式を実践。目玉クリップに挟んで半田付け……。
のはずがバラバラ崩れ大失敗。暗黒世界への道は険しい。
結局、瞬着で本接着することに。

He45*5last.jpg

こんな感じ。ですが、結局このあと、排気穴と微妙に合わ
ず、またバラバラに…。何度やっても今ひとつ納得できず、
朝起きたら肩に激痛が走っていたわけです。
というわけで、排気管はまだできていません。萎えてます。
スポンサーサイト
Go145#10 * Top * Go145#11
■ Comment
熱が逃げて…
こんばんわ。

そう言う深い事情でしたか。御自愛を

と、いうかクリップで放熱してしまっているんじゃないか、と釈迦の耳に説法してみるテスツ。
2005/10/04(火) 01:15:24 * URL * Mach0.9 #u4v.VLko[編集]
パール店長、こんばんは
ステキなカーブですね。
美しくかつ力強さを感じさせる曲線。
まさにドイツの機能主義を感じさせます。工作もとてもお上手。今回のエントリーは手法がわかりやすくて、大変参考になりました。レトロ機のほうが工作する余地が色々あって面白そうですね。
2005/10/04(火) 01:20:35 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
Mach0.9さん、こんばんは。
放熱以前に目玉クリップに5個の”だいたいおなじ”
パーツを挟む、ということに無理があったようです。
全てのパーツが確実に固定されないのです。
固定されないがゆえ、一カ所止めると他がずれると
いう繰り返し。瞬着の仮止めなどおまじないにも
なりませんでした。いっそ目玉クリップに排気管の
ピッチでスリットを刻んで固定してやろうと思った矢先、
不幸は訪れたのでした。マダマダ修行が足りません。
2005/10/04(火) 09:18:09 * URL * 白鷺要素 #-[編集]
ドカ山さん、こんにちは。
一見面倒くさそうな金属換装もパーツの整形と比べると
楽な場合が多いのです。特に簡易の場合細かいパーツから
きれいな形を出すのはかなり大変です。
しかし、
今回ばかりはパーツを削った方が「時間対効果」が
良かったですね。しかも肩痛のおまけ付き。

>レトロ機のほうが工作する余地が色々あって面白そうですね。
確かに。徹底工作するもよし、派手なマーキングを揃えるもよし、ですね。
ただ、インターネットで調べても資料が少なめなのが
良いような、悪いような…という感じです
2005/10/04(火) 09:32:48 * URL * 白鷺要素 #-[編集]
わははは、
そりゃ肩こりにもなりますよ、こんなことしてたら!お互いもう若くはないんだから(笑)。ご無理なさらにように。

冗談はさておき、スゲー工作ですね。金属のシャープさがお見事です。
それに、ティッシュでくるんでカーブをつける辺り、傷つけてはならじと真鍮への「愛」が感じられます(笑)。工作方法、勉強になりますねえ。

実は、いまやってるVernonの排気管で私も金属加工を試みたんですが、じぇんじぇんうまくいかないので、あっさりあきらめました(笑)。
2005/10/04(火) 10:04:57 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
こんにちは。
パール兄さんの失敗は全て経験した漏れが来ましたよ。
排気管の枝が短いので固定しずらいのだと思います。目玉オヤジは中心にパイプを持ってこないとずれまくります。瞬間で仮止めすると目にしみませんか?私は目玉オヤジに短いパイプを瞬間止めして、それにメインパイプを加熱して近づけ半田を流し、その後に短いパイプをカットしてます。それにしてもきれいな工作ですね。
2005/10/04(火) 12:22:16 * URL * toy #-[編集]
こんにちはー

なるほど
コレは肩こりになりますねえ
なんちゅーか
職業病みたいなもんですかねえええ
肩が凝らない程度な
凝らない工作をしなさい
とゆー
模型の貧乏神様の警告かもですよおおお
なので
御ゆっくりと養生して下さいっすううう
2005/10/04(火) 15:16:54 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
こんにちはー。

おやおや。なにやら健康器具の模型のように見えなくもないですねえ。
いっそ1/1スケールで作れば、健康になること間違いないっすね。

失礼極まりない不謹慎な書き込みをして見ますよごめんなさいごめんなさい。

それにしても見事な工作ですねえ。

たまには、肩のコらないゆるんゆるんなストレート組みモードなパール店長も見てみたいっすよ。
とりあえずは、ごゆるりと養生してくださいませ。
2005/10/04(火) 18:28:53 * URL * カトー #sqCyeZqA[編集]
こんばんはー
私には気の遠くなるような作業の積み重ねご苦労様です。
でもモデラー泣かせの曲線を描いてますよね、素直に取り回したときと出力曲線に違いがあるからこの曲がりなのでしょうかねぇ。
ゆっくりと養生してくださいませ。
2005/10/04(火) 19:04:42 * URL * mikami #tHX44QXM[編集]
Kazuさん、こんばんは。
真鍮は大好きなのですが、今回ばかりはへこたれました。
家でこんなことばかりしていてはいけないと、
夜のランニングを始めました。
おかげさまでいくらか身体が軽くなったような気がします。
Vernonの排気管も相当きつい系ですね。
このタイプの攻略法を何とか考えたいです。
2005/10/04(火) 21:31:34 * URL * 白鷺要素 #-[編集]
toyさん、こんばんは。
すべて経験済みとは、なんだかお釈迦様の手の上で
ぐるぐる回っている孫悟空のようです。
排気管の径をすべて同じにすればよかった
のですが、一番最初の排気管と
途中から合流する排気管の径が違って
いたので、目玉クリップの隅っこを使わざる
を得なかったのです。
一応目玉クリップの反対側にもパイプを
かましていたのですが、駄目でした。
クリップ側に瞬着止めというのは目から鱗です。熱も逃げそうなのでグッドアイディア!!今度試してみます。
2005/10/04(火) 21:41:50 * URL * 白鷺要素 #-[編集]
しょぼんぬさん、こんばんは。
肩こりはずいぶんよくなりましたが、
なんだか身体が重いのは、肩こりというより
何かにとりつかれたのではと、心配している今日この頃。
しばらくはライトな作業でリハビリです。
これ以上の貧乏は困りますので
神様の警告は真摯に受け止めることにいたします。
2005/10/04(火) 21:45:47 * URL * 白鷺要素 #-[編集]
マスターカトーさん、こんばんは。
シュノーケルとかステッキを作ってる気分でしたよ。
なるほどこれを排気管と思う人はなさそうですね。
本当に次は本気でストレート組みできるキットを選びたいです。
目先を変えてシュビムワーゲンとか
オペルブリッツあたりを作ってみようかなあ。

2005/10/04(火) 22:19:05 * URL * 白鷺要素 #-[編集]
mikamiさん、こんばんは。
この排気管レイアウトはすごいですよね。
排気効率が高いとも思えませんし、
単に排煙を翼下に流したかっただけでは、と思ったりします。
偵察任務にも利用されていたので、
下を覗き込むときに顔が黒くなるのは嫌だと…。
まったくの妄想で何の根拠もありません。
この辺の事情に詳しい人は是非教えてほしいです。

2005/10/04(火) 22:19:46 * URL * 白鷺要素 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。