RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ He162#8
2005年10月27日 (木) 00:42 * 編集
he162*8top.jpg

スズメ
雨の日を狙って塗装をしているわけではありませんが、塗装
嫌いを神様はお見通しのようです。このスズメは同じ背負い
式配置エンジン機 Hs132 との形状比較のために作り始めた
ものです。ですから塗装も Hs132 に近い無塗装パテ仕様を
選んでいます。

he162*8-2.jpg

主翼や車輪カバーなど木部と金属部は別の工場で作られてい
たので、木製部分には色が塗られています。RLM81,RLM82
RLM76で塗り分けましたが、もしかしたらRLM82(ライトグ
リーン)とRLM76(ヘルグラウ)だったかもしれません。
ま、模型的には3色の方が面白いので。翼を塗り分けたあと
無塗装パテ仕様の下書き。Hs132の方法は面倒なので、簡易
バージョン。下書きに沿ってRLM02を吹きつけ、マスキング
ゾルでカバー。その上から銀を塗って剥がすだけ。

he162*8-3.jpg

今回は銀もスーパーファインシルバー一色。ぎんぎんギラギラ。
でも少々品無く光ってしまいました。

he162*8-4.jpg

仕方がないので、スーパーファインシルバーに白を混ぜた色を
筆で塗りつけ、塗りつけ、乾いたところで1200番のペーパーで
こすっておきました。あまり深く考えていません。
機首は銀か白、らしい。これも深く考えず白にする予定。多分
その方が見栄えが良さそうなので。キャノピーのマスキングを
我慢できずに剥がしてみるとなぜだかクラックが入っていて泣!
スポンサーサイト
He162#7 * Top * Bu133#5
■ Comment
なんとゆーか…
こんばんわ。

なんと言えば良いのでしょう…
す ご い で す ね 。
世界でも、もっともパテを再現しているモデラーですね。
エントリーの画像では、酸化して白くなった軽金属の感じがひじょーによろしゅうございますよ。

というか、ノーズコーンは金属らしい、と今気づきました。
中にノーズギアを収めているんですね。
2005/10/27(木) 02:00:31 * URL * Mach0.9 #u4v.VLko[編集]
おはようございます。
パテ塗装の表現および銀の輝きの抑え、お見事ですねえ。素材の違いが見事に再現されていると思います。
これは、実物が見てみたいです。キャノピーのクラック(わかんないですよ)にめげず、がんばってください。
2005/10/27(木) 10:40:47 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
うがああっ
これはカッコいい!
TOP画を見た瞬間、背筋に電撃が走りましたよ!私も実物が見たいです。
最近、ますます作風に凄みがましてきましたね。
2005/10/27(木) 12:55:46 * URL * ドカ山@昼休み #EQLx3PZo[編集]
Mach0.9さん、こんにちは。
戦争末期になると敗戦国は見栄えを考えるヒマが
無くなります。塗装なんかどーでも良い。
むしろ塗料の重さがないだけ機体重量が軽くなるから…、
って感じでしょうか。でも、空気抵抗を減らすためか
外板の継ぎ目だけはきっちり処理をするあたりは
負けがこんでもゲルマン魂。そんなblack27なのです。
2005/10/27(木) 13:01:43 * URL * パール白鷺 #-[編集]
ハイブリッド塗り+1200番で荒らした表面がリアルさをだしていますね。主翼とのコントラストが何とも言えません。
2005/10/27(木) 13:02:09 * URL * toy #-[編集]
Kazuさん、こんにちは。
私は野球のことはからっきしなので、Kazuさんの今の心境を
察することは出来ませんが、前世私が広島ファンだった折りは
随分と気をもんだようです。
ところで、この塗装Hs132は思い入れもあり、出来るだけ
実際に近い(と思われる)工程で塗装したのですが、
今回はまるっきり手抜きで、やはり手をかけることの
重要性をひしひしと感じてしまいました。
あと、筆塗りをマスターしたいと本気で思いました。
2005/10/27(木) 13:06:52 * URL * パール白鷺 #-[編集]
ドカ山さん、こんにちは。
写真はいいですねえ、粗をずいぶん隠してくれます。
今回は手を抜いた分、しっかり手抜きな仕上がりになってしまいました。
もう少し何とか誤魔化せないか検討しているところです。
実はもう一機メタルパテ埋め仕様の機体があるのですが、
そちらは初心に返ってやりたいと思います。
2005/10/27(木) 16:10:08 * URL * パール白鷺 #-[編集]
toyさん、こんにちは。
ハイブリッド塗りというのはかっこいいですね。
マスキングゾルを塗ってはがすというのは以前
モデルアートの作例にもありました(日本機のはがれ表現)が、
結構色々なところで使えそうです。
でも、ただはがしただけでは単調になるので
どのような仕上げと組み合わせるかが今後の課題です。
2005/10/27(木) 16:11:12 * URL * パール白鷺 #-[編集]
こんばんはー。

うぎゃー!これ、本物の鉄みたいすよ。
急いで荒削りしたまんまみたいな雰囲気が見事に出てますね。
なんだか、大戦末期の狂気にも似た焦りみたいなのを感じますよ。

実機はすぐ錆びたのかなあ、
などと、余計な心配をしてしまいますよ。
2005/10/27(木) 18:29:35 * URL * カトー #sqCyeZqA[編集]
カトーさん、こんばんは。
外板はジュラルミン製だそうですが、ジュラルミンも錆びるのでしょうか?
ただ、現存するHe162は錆びているように見えるものもあります。
ただ、Me262にしてもこのパテ埋め仕様が結構あったようなので、
すぐに錆が浮くという感じではないのでしょうね。
確かに、敗戦国の「あがき」みたいなものがうかがえますよね。
2005/10/27(木) 21:42:08 * URL * パール白鷺 #-[編集]
こんばんはー

なんちゅーか
お見事過ぎてコメントが浮かびませんんんん
金属地とパテ跡の織り成すハーモニーでゴザイマスねえええ

意味不明のコメントしか思いつかないっすううう(・ω・)
2005/10/28(金) 00:09:02 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
しょぼんぬさん、こんばんは。
粗が見えぬよう写真なので、想像以上によく見えてしまったようなのが
嬉しいような恥ずかしいような…。
罪滅ぼしにマーキングは塗装で行うことにいたします
って、バルカンクロイツと機番くらいしかないのですが。
(ドラゴンのデカールが黄ばんでいたのは秘密)
2005/10/28(金) 00:30:04 * URL * パール白鷺 #-[編集]
こんばんはー
金属表現はお見事ですねぇ
なんかアルミの板を圧延掛けて貼り付けているみたいですねぇ
そして磨き上げた結果このような表面をしているかのように見えるのがお見事ですよー
2005/10/28(金) 22:37:05 * URL * mikami #tHX44QXM[編集]
mikamiさん、こんにちは。
金属感はひとえに優秀な塗料のおかげです。
アルクラッドはさすがに何本も買うのをためらわれる
お値段ですが、クレオスのスーパー系はそれなりに
リーズナブルなので嬉しいです。
白を混ぜたり黒を混ぜたりしてもパウダーの粒子が
細かいのでそれなりに輝きが出るのも魅力です。
でも、出来ればアルミ系の明るい銀が発売されると嬉しいです。
あと、キャノピーを磨いたあと、試しにトライツールの
セラミックコンパウンドのついたクロスで一部磨いてみたら
結構イイ感じのツヤが出たので、塗装完了後にもう一度
全体をこすってみようと思います。
2005/10/29(土) 11:32:51 * URL * パール白鷺 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。