RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ fw109d9#4
2006年02月01日 (水) 19:17 * 編集
fw109d9*4top.jpg

圭 圭 士
胴体接着後一日乾燥機で休憩していただいたD9軍団。
大ざっぱに接着ラインを整形し翼とのあわせを確認。

fw109d9*4*2.jpg

まずタミヤ。左翼はほぼピッタリなのですが、右翼の
接着ラインが少々下がり気味。翼内にプラ棒スペーサ
ーをかませればばっちり品質。

fw109d9*4*3.jpg

次、ハセガワ。翼をただはめただけでは左右翼接着ラ
イン共隙間ができるも、マスキングテープで保持すれ
ばばっちり品質。

fw109d9*4*4.jpg

アカデミ。あわせに関して全く問題なし。(左写真)
イタレリ。コレは普通にパテクラス。(右写真)

fw109d9*4*5.jpg

あっ君、頑張っているね。リンドバーグクラス。

fw109d9*4*6.jpg

いたずら。
コックピットだってあれだけ解釈が違うのだから…、
イタレリ胴Xアカデミ翼=合う分けないね。(左写真)
タミヤ胴Xハセガワ翼=合う分けないよね。(中写真)
ハセガワ胴Xタミヤ翼=合う分けないよね。(右写真)

fw109d9*4*7.jpg

あれっ?
ハセガワ胴Xアカデミ翼=ピッタリなんですが(左写真)
タミヤ胴Xアカデミ翼=ピッタリなんですが(右写真)

まあ、あんまり深く考えるのはやめましょう。
多分O型なんでしょう。

スポンサーサイト
■ Comment
こんばんはー

うおう
イロエロな組み合わせが楽しめますねえ

まあ
とりあえず
リンドバーグ君は孤高の存在なのですね(・ω・)
2006/02/01(水) 21:18:08 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
今度はスワッピングですか
はめて 埋めて 更にはスワッピングですか・・・・すご過ぎです。
こんな作例記事絶対雑誌には載らないですよね。
合いがぴったしと聞くとついそちら・・アカデミー・・に引かれそうになりますねぇー
それにしてもハセガワにもタミヤにも
合うという八方美人ぶりはすごいですね
2006/02/02(木) 00:20:05 * URL * P.E・kisimoto #-[編集]
しょぼんぬさん、こんばんは。
D9着せ替えプレー、あまりににピッタリで驚きです。
充分スペアパーツになりますよ、アカデミ。
でもアカデミの動翼羽布張り表現って何故図形的なのでしょう?
あれがなくなるだけでも随分イメージ良くなると思うのですが。
むしろリンドバーグの他を寄せ付けないイメージ作りの
ほうが好感が持てたりします。
2006/02/02(木) 01:07:24 * URL * パ~ル #-[編集]
P.E・kisimotoさん、こんばんは。
たまに「ニコイチ」記事を見たりしますが、確かに
新しめのキットだとそれ程大きく外形が異なるわけでは
ないため、よりよいパーツを寄せ集め、多少の削り
あわせて自分のイメージに近い機体を作るというのも
可能なことが良く分かりました。
もっともそれには実機への鋭い観察と知識、キットの
情報などを高度に蓄積していなければ不可能ですよね。

それにしても、アカデミったら…。
2006/02/02(木) 01:16:40 * URL * パ~ル #-[編集]
う~む、面白いですねえ。
こうしてみると、アカデミーは不思議なキットですね。
ていうか、タミヤとハセガワを徹底研究して製作したとか。
モールドも、タミヤにはかなわないものの、ハセガワには引けを取らない感じですが、どうですか?
2006/02/02(木) 09:04:39 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
Kazuさん、こんにちは。
私の作り方(のクオリティ)が一致していないという
問題はありますが、とりあえず一番ピタリと合ったのが
アカデミーです。多分ハセガワを徹底研究したのでは
ないかと思われますが、かなり精度が高いのに驚きました。
ただ、ディティールの再現は???なところが
多く、これからの課題になりそう。
シュトルヒの時も同じ感想を持ったのですが、
もっと素材感とか機能などから得られる情報を
上手く形にしてもらいたいです。
2006/02/02(木) 09:49:29 * URL * パ~ル #-[編集]
パ~ルさん こんにちは
競作すると塗装する前は楽しいことが一杯ですね。
国産は両方作りましたがコッテリ豚骨系のTAMIYAとあっさり塩味のHASEGAWAというところでしょうか。
2006/02/02(木) 15:35:09 * URL * mikami #tHX44QXM[編集]
mikamiさん、こんばんは。
タミヤ豚骨説…なるほど。確かに「濃い」ですね。
運河彫りとはまたひと味違った「濃さ」ですが…。
本日、タミヤD9購入店に行ってスピナーの件を相談
したところ、もうそのパーツはお店には無いそうです。
というわけで、タミヤでアフターパーツとして
取り寄せることにいたしました。
完成がチョット延びそうです。
2006/02/02(木) 23:41:24 * URL * パ~ル #-[編集]
こんばんは
異メーカー間で大物パーツのスワップが効くのは意外でした。
メーカーによって解釈の違いがあるのが面白いですね。
プラスチックの材質の差異はどうですか?
2006/02/02(木) 23:42:37 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
ドカ山さん、こんばんは。
確かに、パネルの扱いや、動翼の羽布表現などは
解釈の違いで随分違いますよね。
あくまでも写実的な雰囲気を出そうとするところもあれば、
「模型的」見栄えで誇張や省略を行ったりします。
好き嫌いはもう主観的なものだから、しょうがないですね。
プラの質は見た感じタミヤ・ハセガワ・アカデミは近いかな。
イタレリは少々脆い感じ。リンドバーグは硬い感じってところです。
東欧系バリ硬プラはございませんでした。
2006/02/02(木) 23:57:43 * URL * パ~ル #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。