RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Schwimmwagen (ACADEMY) 2006.03.09
2006年03月09日 (木) 14:36 * 編集
Schwimmwagentop.jpg
Schwimmwagen*2.jpg

泳ぐ車
シュビムワーゲン、シュビムワーゲンと「音」でこの車を
覚えていたため、「SCHWIMMWAGEN」という字面を意
識したことがありませんでした。でも改めて綴りを見ると
「SWIM」ににている。というわけでおなじみ独英トラン
スレートで引いてみると思った通り、SCHWIMM=SWIM
WAGEN=CAR で「泳ぐ車」。でも、SCHWIMMWAGEN
で一括トランスレートすると「水陸両用車」の意になります。

Schwimmwagen*3.jpg

多分サブタイプとかあるのでしょうが、良く分かりません。
財政的に余裕があり、数台車を所持しているならもう一台
こいつが欲しいです。乗り心地も悪そうだし、スピードは
出ないだろうし、多分高いだろうけれど一年に一度か二度
夏前のキャンプなどにこれで行ったら楽しそう。

Schwimmwagen*4.jpg

キットはアカデミーのジャーマンフューエルトラックに付い
てきたもの。組み立てはとても簡単です。ランプの熱でプラ
を溶かしてしまい、所々隙間ができて大失敗ですが、仕上が
るとあまり気にならなくなり、良かったです。セクシーなお
尻がとってもキュート。スクリュー部分をディティールアッ
プするとかなり良くなりそうな感じです。
ダークイエロー単色、ジャーマングレー単色ときたのでD9の
モットリングの練習もかねて三色迷彩に挑戦。未だに塗料の
適切な濃さがわからず、なんだか迷彩が太くなりました。

Schwimmwagen*5.jpg

キューベル君とのツーショット。やっぱりキューベル君は
チョット印象が違いますね。平べったい。
スポンサーサイト
■ Comment
ぐわわわ
だんだんすごいことになってきましたね。
72には絶対みえません。35といっても誰も文句を言わないとおもいます。
オールがちゃんと木になっているところがステキ。
2006/03/09(木) 17:28:34 * URL * toy #-[編集]
カムサ ハムニダ アカデミニダ。
いいですねえ、車輌ズ。クーベルもシュヴィムも、並ぶとステキ。
両方とも親指程度の作品とは思えない精巧さですよ。
とくにシュヴィムさんは、お尻がカワイイですねえ。
トップ画像の背景にBf108が見えますが、ディオラマ展開も興味津々です!
2006/03/09(木) 18:23:10 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
こんばんはー
シュビムワーゲン、小さいキットなのに3色迷彩がぱっちり決まってますね。タイヤの汚れ方とか実感があって素敵です。自分にはこんな精密な作業出来ないのでうらやましいですよ。

一枚目の108をみると何となくバルーンタイヤを履いたキューベルを思い出します。
2006/03/09(木) 21:33:21 * URL * あんぐら #GCA3nAmE[編集]
toyさん、こんばんは。
ミニスケールソフトスキン、面白いです。
もっとも、フォルクスワーゲン改のように、組み立てるのが
大変だとチョット困りものですが。
とにかく、組み立ててから塗れることがとてもいいです。
このやり方で飛行機を作ったらどのようになるか…、
リンドバーグのD-9で試してみようかと思っています。
2006/03/09(木) 23:17:29 * URL * パ~ル #-[編集]
Kazuさん、こんばんは。
色々とWWIIのソフトスキン写真をググっていると、
いかにもインジェクションでは発売されそうもない
素敵な車輌がたくさんあることがわかり、興味津々です。
ここのところかなりの枚数写真を見ているのですが、
本当に驚くほど飛行機とのからみが無く驚きます。
シュビムワーゲンなどは多分200枚以上見ていますが、
一枚も飛行機の「ひ」の字も見ることが出来ませんでした。
ジオラマと言うより置物になっちゃいそうな予感。
2006/03/09(木) 23:22:05 * URL * パ~ル #-[編集]
あんぐらさん、こんばんは。
今回の「車輌S」でようやくタミヤのコスメセットが
本領を発揮してくれました。基本塗装をしてパウダーを
こすりつけるだけでそれっぽくなるので、雰囲気は
全てコスメセットが出してくれています。
今月出ると言われる金属色セットも買おうと思います。
ところで、バルーンタイヤというのを今回調べていて
はじめて本物の写真を見ることが出来ましたが、
なんだかオモチャみたいですね。タイヤチューブをふくらませた
浮き輪という表現がピッタリ。砂浜を走るバギーなどに
径の太いタイヤをはかせているのを見たことがありますが、
ノーマルタイヤと比べてどのくらい効果があるのか知りたいです。
乗り心地が少しよさそう?
2006/03/09(木) 23:29:30 * URL * パ~ル #-[編集]
こんばんは
またまた軍用車両。景気良く両山中でゴザイマスね。
良く見るとオールが付いてたり、スクリューが付いてたり、『緊急時には川も渡れるよ』ではなくて積極的に『水の上も走れるよ』というコンセプトで作られているのが凄いです。エアインテークがどこについているのか興味津々です。
2006/03/10(金) 01:39:12 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
こんばんはー
シュビムとキューベルは
ドイツジープの2大巨頭ですが
見事なまでに対照的な形ですよねえ

飛行機とのからみが無いとお嘆き御様子ですねえ
いっその事Me321を作って片っ端から車両を搭載してみては如何せうかああああ(・ω・)
2006/03/10(金) 02:16:12 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
ドカ山さん、こんにちは。
ネットで写真を当たっていると、軍用車輌がいかに
酷使されていたかがわかります。一体これらの耐久年数
って何年位なんだろう…。
確かに、シュビムワーゲンは「こんなことも出来るよ」と
いうよりも「こんなことしなくてはならない」と現場の
要求をフィードバックしたらこんなの出来ちゃったって
感じですね。実際シュビムワーゲンの写真って本当に
水の中の写真が多いです。沼の中に入って浮き草や枝で
カモフラージュして待ち伏せしていたり…。
飛行機と絡みそうな雰囲気は全くありません。
2006/03/10(金) 09:38:54 * URL * パ~ル #-[編集]
しょぼんぬさん、こんにちは。
ウウッ…ギガント……
あれ作ったらきっと後悔するからとりあえず老後に…。
でもGo242はいいかもしれませんね。でもキューベル
一台と荷物程度しか入らないのが玉にきず。
陸ものに比べてジオラマ仕立てが圧倒的に少ない理由が
身にしみてきた今日この頃です。
ミニスケールAFVはとても楽しいことがわかったので、
その筋の棚も少し注意してみることにしました。
2006/03/10(金) 10:01:29 * URL * パ~ル #-[編集]
可愛らしい・・・。
初めまして、小春好です。うわぁ~!可愛らしいですね~。でも、キリッとした出来ですね~。丁寧に製作されてる感じがスゴクしますです。私もミニスケ、作ろうかな? 今後共、どうか宜しくお願い致します!
2006/03/10(金) 20:45:05 * URL * 小春好 #BRhx2hKI[編集]
小春好さん、こんばんは。
陸ものはほとんどわからないので何もせずただ
組み立てて塗っただけですが、あとからネットで写真
を見てみると取っ手が付いていたりフックが付いていたりと、
足りない部分が結構ありました。
次はもう少しよく調べてチョット手を入れてみるのも
楽しそうだな、と思っています。
小春好のミニスケールジオラマ楽しみにしてます。
これからもよろしくお願いいたします。
2006/03/11(土) 00:15:28 * URL * パ~ル #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。