RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Fw190 D-9 #10
2006年04月11日 (火) 13:35 * 編集
fw109d9*10top.jpg

キタナクイコウ
ここまで残るとは思わなかったリンドバーグ。凸リベットに
全身を身にまとっているものの胴体の合わせ目、胴体と翼の
付け根など乱暴にサンディングしたままのためただ塗り分け
ただけでは組み立ての雑さが目立ちすぎてしまうので、巷間
流行の退色表現っていうか、キタナクしてごまかす方向で。

fw109d9*10*2.jpg

その前に、垂直尾翼などにほどこされたモットリング。今ひ
とつ実感に欠けるのはなぜかを考え、実機写真をもう一度見
たところ、はっきりしすぎているという結論に達し地色を塗
なおし、再度ぼやけた感じでモットリング。今度は許容範囲。

fw109d9*10*3.jpg

ベースの色に白を混ぜたり黄色を混ぜたりして明度を上げた
塗料をリベットで囲まれた部分に吹きかけていきます。
ここでデカールを貼って、とデカールを貼るも別売デカール
の形が合わない。ウォークウェイラインも凸リベットが邪魔
で大失敗。またしてモチベーションが下がり気味の午前二時。
スポンサーサイト
■ Comment
こんにちは。こちらにお邪魔するのは初めてでしたよね。今後とも宜しくお願いします。
さて、モットリングは難しいですね。48でも難しいのにさらに小さい72になるともっと難しいです。
ところでエレールのFw56ですが、キットを持っているんですが完成品をほとんど見たことがなかったので嬉しかったです。近いうちに作りたいと思っていたので参考にさせてもらいますね。
2006/04/11(火) 14:59:01 * URL * ヒロシ #-[編集]
お、シブい塗装ですね。
何だか大戦末期の日本機のような風情ですよ。
でも、リンドバーグでも作れば形になるんですねえ。
この調子でがんばってください。

当方は、期初のウルトラ多忙で、青色吐息でゴザイマス。
2006/04/11(火) 15:06:04 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
こんにちは。
リンドバーグ君は大バケしましたね。
コレはコレでえらくカコイイではありませんか!
シャープな昨今のキットとは違う雰囲気がまた別の魅力がありますね。
出来上がりが楽しみです。
2006/04/11(火) 15:34:39 * URL * ドカ山 #f3w0QkJ.[編集]
もももーとした感じが良いですねえ。
これにチッピングとすす汚れが相まって大戦後半の悲壮感が出るのでございますね。バキッピシッとした印象のドイツ機ですが、こういうやれた感じもいいと思います。これは田宮では出ない味なのかも。
オールドキットマンセー!!!
2006/04/11(火) 16:12:26 * URL * toy #-[編集]
こんにちはー。
うぎゃああああ。カコイイっすねえ。

くたびれたんだか退色したんだか、塗料が勿体無いんだか塗る時間が勿体無いんだか、そんなことは関係なくとにかく出撃セヨ!みたいな切羽詰った感じで窒息しそうです。

実はこういう塗り方がしたくてドイツ機のキットを何機か買ってあるのですが、なかなか作戦がまとまらず、実行に移せません。
やっぱりHGフォー!は必須ですか?
2006/04/11(火) 16:30:54 * URL * カトー #sqCyeZqA[編集]
歴戦の勇者。
どうもこんばんわっ。ワタシ的にはこういう雰囲気、バッチグーと思いますっ。歴戦の強者っぽいムードが漂ってると思いますっ!
2006/04/11(火) 18:18:56 * URL * 小春好 #BRhx2hKI[編集]
ヒロシさん、こんばんは。
モットリングは本当に難しいです。まだ塗料の濃さと
エアの量とかノズルの絞り具合の相関関係がよくわかって
いないため粒子が一定しないです。何となく色によって
塗料の出方が違う気もするし…。
やっぱり数をこなさないとダメですね。
エレールのマイナー小物ドイツ機はどれも少ないパーツ
のわりに良い出来で私は大好きです。

2006/04/11(火) 18:21:12 * URL * パ~ル #-[編集]
Kazuさん、こんばんは。お忙しそうですね。
ところでリンドバーグ、普通にベタ塗りしていたのですが、
どーもしっくり来ないので、写真集をぱらぱら見ていたら
意外に汚い機体が多いのです。それも迷彩のラインなんて
見えないくらいに汚いものが…。
ひどい本なんて「下面は黒」などと解説があるほどです。
もう、発作的にぐしゃぐしゃに塗りだしていたという感じです。
いつもながら着地点の見えないP-Style。
2006/04/11(火) 18:27:24 * URL * パ~ル #-[編集]
ドカ山さん、こんばんは。
気の遠くなるようなモールドのキットも覚悟して
作ると結構楽しいことがわかりました。
これはこれなりに塗装の練習にもなるし、普段出来ない
ような大胆な汚しも気楽にチャレンジ出来るという点では
なかなかよい素材なのかもしれません。
とにかく、似ていないのに雰囲気あふれる絵心ある
リンドバーグキットに乾杯。
2006/04/11(火) 18:39:00 * URL * パ~ル #-[編集]
toyさん、こんばんは。
ルフトバッフェの末期はどれもこれも悲壮感が
漂っています。塗装する時間も余力もない無塗装シリーズ
に対して、とりあえずは迷彩はするが整備が行き届かない
きたないシリーズ。多分まともな飛行場も無かったのでしょうね。
マーキングを施したらさらに汚してみたいと思います。
2006/04/11(火) 18:44:13 * URL * パ~ル #-[編集]
カトーさん、こんばんは。
調べてみるとD-9は不思議な塗装があって、
色々な工場で作られたパーツをどこかで組み立てるのか、
それともニコイチ、サンコイチをしているのか
パネルラインによって違う迷彩色になっていたり、
一部無塗装銀だったりというへんてこな機体が結構あるのです。
一機くらいはそういうモア悲惨なマーキングにチャレンジしたいです。
2006/04/11(火) 18:48:25 * URL * パ~ル #-[編集]
小春好さん、こんばんは。
本当に実機のD-9は小汚いのが多いです。
歴戦の勇者と言って頂けるととても嬉しいですが、
実際は背中が寂しい「くたびれたおじさん」みたいですよ。
しかし、これだけくたびれ汚れているのにちゃんと稼働する
ドイツの水冷エンジンはやっぱりすごい、などと
ドイツの工業力に感心してしまいました。
2006/04/11(火) 18:54:18 * URL * パ~ル #-[編集]
出来の悪い子ほど
かわいい って言いますが
リンドバーグから完成ですか?
しかし、細かい塗装が決まってますね
やっぱり5機揃ってるのを静岡で見たいです・・しつこいっすか?
2006/04/11(火) 20:14:53 * URL * P.E・kisimoto #-[編集]
こんばんわ。
いやーこれはなにか新しい表現方法のような気がします。凸モールドと薄めの塗装の感じが。
生きているようですねー。
2006/04/11(火) 21:41:52 * URL * できやん。 #-[編集]
P.E・kisimotoさん、こんばんは。
前回の記事をアップして、我ながらあまりに無表情でペッタリした
感じにどーしたらよかろうかと考えた末の苦肉の策です。
枯れた感じ=退色というのはあまりに安易とは思ったのですが…。
デカールがつくとまた違った形になると良いなあと思っています。
静岡はさすがにアレですので、いつかお持ちしますね。
(組み立てをもう少し丁寧にしておけばよかったです)
2006/04/11(火) 22:17:56 * URL * パ~ル #-[編集]
できやんさん、こんばんは。
昔は結構凸リベットが主流だったと思うのですが、
どのような仕上げ方にしていたのでしょうね。
考えてみたら、今までリベットはみんな削り落として
いたので、リベット有りの状態で作ると言うことを
意識したことがありませんでした。今回の方法が果たして
何かしらのリアリティーに繋がっているかは不明ですが、
リベットには大袈裟がよく似合うという印象を持ちました。
2006/04/11(火) 22:25:58 * URL * パ~ル #-[編集]
こんばんはー

うおう
リン度バーグが
見違えるよーに汚くなりますたねえ
どんどん汚して
大戦末期の貧乏なドイツ仕様にしませうううう(・ω・)
2006/04/11(火) 23:10:08 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
戦争中の現役時は、実際にはそれほど汚くないのですよ。汚くては整備になりませんし、定期的に掃除や、汚れの拭き取りも当然行われていました。時には、少しでも性能をあげるため磨き込まれたりもしました。汚れて整備も不十分な機体に乗るパイロットはどこの空軍でもいません。
汚い印象があるのは、特に末期の機体は占領後の死んだ状態の写真が多かったり、モデラーの過剰な演出が印象に残ってしまうからだと思います。
2006/04/11(火) 23:21:23 * URL * ジジ #qx6UTKxA[編集]
しょぼんぬさん、こんばんは。
リンドバー君はリタイアしそうでありながらとうとう
ここまで撃墜されずにやってきました。しかし、
デカールがリベットのツブツブのおかげできちんと貼れません。
塗装するのも面倒だし、うう~ん。
外は大雨だし、うう~ん。
昔のモデラーはリベット対シルバリングの対決を
どのように戦っていたのだろうと妄想する午後11時40分なのです。
2006/04/11(火) 23:40:45 * URL * パ~ル #-[編集]
ジジさん、こんばんは。
確かに当時の状態を写したカラー写真は占領軍が撮った
ような雰囲気のものがほとんどのようですね。
もちろん整備兵もパイロットも精一杯自らの仕事を
こなしていたとは思いますが、戦争前半の写真と
末期の写真を見比べると印象として汚れた感じが強い気がします。
2006/04/11(火) 23:59:11 * URL * パ~ル #-[編集]
パ~ルさんこんばんは。
いや~リンドバーグがこんなに
かっこよくなるなんて・・・。
珍しめのカラーリングと褪色感が
すばらしいですね。またわざとらしく
なく微妙な感じがいいです。
こういうのを見てしまうと
「たまにはドイツ機も・・・」
などと思ってしまいます(笑)
2006/04/12(水) 00:13:09 * URL * JW #-[編集]
JWさん、こんばんは。
相変わらず手持ちの資料少なめで始めているので、
全くのイメージモデリングですが、色に関しては
最近入手のカラーガイドを参考にしています。
しかし、私が見たカラー写真は色抜けもあると思うのですが、
実際のところどのような色なのかはよくわかりません。
デカールメーカーとか様々な機体のマーキングを
出していますが、リサーチしたソースをつけてくれたら嬉しいですね。
2006/04/12(水) 00:22:17 * URL * パ~ル #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。