RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Fw190 D-9#12
2006年04月18日 (火) 00:50 * 編集
fw109d9*1top2.jpg

Testbed D-9 italeri さんの場合。
型紙利用のタミヤ純正とイタレリ。まずは先鋒イタレリ。
翼の塗り分けは比較的上手くいったと思うのですが。柔らか
両面テープが厚すぎたようで(2mmほど)隙間からの吹き
こぼれがでて少々テープあとが残ってしまいました。

fw109d9*12*2.jpg

胴体
左側面の迷彩型はまあ許容範囲だったのですが、塗料を薄め
すぎたようで、垂れてしまいそれを適当にリカバリーしよう
としたら、迷彩範囲が広くなりすぎてしまいました。
型紙がかたすぎて、左側面に比べ紙が浮き上がってしまった
のも原因と考えられます。型紙を使いまわそうとした貧乏根性
が引き起こした悲劇です。

fw109d9*12*3.jpg

で、広がってしまった迷彩色をヘルグラウ(水色)で修正する
ための型紙を、今度はもう少し薄い紙にて作りました。
今回は型紙の固定に両面テープではなく、ペーパーセメントを
使ってみます。ペーパーセメントは写真や版下の切り貼りなど
をするときに使うのりで、イメージとしては弱粘テープのゲル
状物質(??)乾くと弱粘テープみたいな感じになります。
はみ出してもラバークリーナーというゴムでこすると簡単に
とれるます。密着感がとりあえずはいい感じ。

fw109d9*12*4.jpg

変態編隊D-9s。さすがに静岡用が心配になってきま
した。イカ~ん!!
スポンサーサイト
■ Comment
こんばんは
パールさんは色々なマテリアルに精通されていますね。ペーパーボンドなんて知らなかったッすよ。
なんだか人間東急ハンズみたいです(笑)
使用感のレポートを期待しております。
2006/04/18(火) 01:13:10 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
ドカ山さん、こんばんは。
ハンズも好きですが、文房具屋、画材やさんも大好きです。
モナリザを描いた人の名前が付いた模型屋よりも、
モナリザがあっと驚く画材やさんに行くことが多いです。
ペーパーボンドは今回初めて購入しましたが、
一般的には奥にあるペーパーセメントをよく使います。
ベストテストなどというイカした名前のペーパーセメントもあります。
また、こののりを溶かすソルベックスというシンナーは
マスキングやセロテープのベタベタ汚れを取るのにとても具合が良いです。
2006/04/18(火) 01:43:39 * URL * パ~ル #-[編集]
変態もとい編隊が出来上がってきましたね。
リンドバーグ君もがんばっているではないですか(笑)。
ところで、私は門外漢ですが、モナリザがあっと驚く画材屋さんはときどきのぞきます。ペーパーボンドも含めて、どうやって使うのかよくわからないものが多いですが、何となく模型に使えそうなものをときどき物色します。
2006/04/18(火) 09:39:40 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
こんにちはー。
どんどん量産されますねえ。

型紙での迷彩塗装ですけど、私と比べてエア圧が高いような印象を受けましたよ。
私も型紙とブツとの間隔は2ミリ程度でやるのですが、エア圧が高かったり、エアブラシを斜めにあててしまったりすると、思わぬところまで吹き込んで、やはりテープの跡が残ります。
真正面から、霧をふわりとのせる感じでやると、もっとキレイなボケ足になりますし、タレることも少なくなると思いますよ。

何かの参考やヒントになればと、手前のことを棚に上げ、釈迦に説法を覚悟で書かせていただきますた。
生意気書いてごめんなさい。
2006/04/18(火) 12:18:33 * URL * カトー #sqCyeZqA[編集]
Kazuさん、こんにちは。
そうなんです、実は一番強そうに見えるのはリンドバー君。
次がタミヤ、次がイタレリ、ハセガワはチョット繊細というか
線が細い感じです。あくまでも私の印象ですが。
色々と賛否はありますが、折角この世に生まれてきた
キットですので、これからも古いからといわずつくって
あげようとおもいます。
2006/04/18(火) 15:39:41 * URL * パ~ル #-[編集]
カトーさん、こんにちは。
なるほど、やっぱりまだ吹きつけ圧が高かったですか。
いつも気持ちがはやるのと、詰まってしまうのとで
勢い圧を高めにしてしまいがちです。
空気圧、塗料と薄め液の比率、吹きつけの距離の関係が
未だによくわからないです。次はもう少し圧を弱めて
みますね。また気がついたことがあったら教えてください。
2006/04/18(火) 15:44:57 * URL * パ~ル #-[編集]
パールさんこんばんは。
ドイツ機の迷彩はやっぱ、大変そうですね。自分の場合、前にも書きましたがトレペでマスキングします。
塗装図を見て鉛筆でニョロニョロ書く時
もトレペですと少し透けてパネルラインも
見えて書きやすいです。吹く時の空気圧、グンゼのレギュレーターでいうと
0.05MPaぐらいで吹きます。それで詰まって出てこない時はすぐに薄めます。
2006/04/18(火) 22:30:34 * URL * JW #-[編集]
JWさん、こんばんは。
単色の迷彩に比べ面倒なこと面倒なこと…。
上手くできればカッコイイのでしょうが、そこまで行き着くには
まだまだ修行を続ける必要がありそうです。
ところでトレペの厚みはどのくらいがよいのでしょう。
厚口トレペ位でしょうか?確かに透けるメリットはありそうですね。
0.05MPaですか、やっぱり圧が強すぎたようです。
すこし圧を弱めて吹いてみることにします。
2006/04/18(火) 23:34:54 * URL * パ~ル #-[編集]
再び登場です。
トレペってg表示なんですよね。
ただ今使っているヤツは書いてません。(泣)でも普通の厚さだと思いますよ。
2006/04/18(火) 23:45:28 * URL * JW #-[編集]
JWさん、変な質問で済みません。
極端に薄ものでは無いということですよね。
なぜだか我が家にはトレペは色々と種類があるので試してみます。
2006/04/19(水) 00:03:29 * URL * パ~ル #-[編集]
パールさん、こんにちは。
色々な方法でマスキングにトライされてますね。ペーパーセメントというのは初めて知りました。
私の最近のヒットは練り消しゴムです。72ではまだ試していないのですが、迷彩のパターンによっては上手くいきそうな気がします。
2006/04/19(水) 15:57:52 * URL * ヒロシ #-[編集]
こんばんはー

うむう
やっぱ
マスキングはメン度臭いっすねえ
エア圧だとか何とかの調整をしよーにも
おいらのコンプレッサープチコンには
そのよーな機能はゴザイマセンんんんんん

まあ
がんがりませう静岡ああああ(・ω・)
2006/04/19(水) 20:24:28 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
ヒロシさん、こんばんは。
迷彩は型紙の浮き幅とボケあしの関係がなかなか難しく、
慣れるまでには時間が掛かりそうです。ペーパーセメント
は弱粘テープの元みたいなものなので密着感や剥がしやすさは
とても良いのですが、浮かせ幅をかせぐには何度か塗り重ね
なくてはならないところがネックです。
練りケシは以前他の方のブログで使用されているのをみて
衝撃を受けました。いつかミラーウェーブに使ってみたいと思っています。
2006/04/19(水) 22:47:07 * URL * パ~ル #-[編集]
しょぼんぬさん、こんばんは。
型紙をつくって迷彩したものの、折れ線迷彩のような
比較的ぱっきりした分割と違い今ひとつイメージに
合わないので、とりあえずフリーハンド作戦に戻す
ことにしました。
一歩進んで二歩下がる。
って毎日一歩ずつ下がってるじゃん、とつぶやく木曜日。
2006/04/19(水) 22:50:33 * URL * パ~ル #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。