RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Fw190 D-9 (Lindberg) 2006/05/06
2006年05月07日 (日) 01:55 * 編集
D9lind*top.jpg
D9lind*2.jpg

Massive D-9
D-9バトル第二弾は冗談のきつい伏兵リンドバーグ。
常にリタイアとフィニッシュの境界を歩きつつ実は一番
楽しいキットはこれだったのかもしれません。
機首上部の機銃でさえ全くオミットされていることでも
分かるとおり全身凸リベットをまとっている割にディテ
ィールなどは皆無。しかし太めに表現されたスタイルは
なかなか強そうなD-9。なかなかカッコイイ!!

D9lind*3.jpg

ただ、問題が無いわけではありません。まずあわせが悪
い。翼と胴体の付け根など隙間だらけ。胴体もズレが生
じ、凸リベットはかなり削られてしまいました。しかし
今回はスジボリに変更せずに、削られた凸リベットはそ
のまま成り行き任せモデリング敢行。

D9lind*4.jpg

途中まで本当にリタイアさせるつもりでいたので表面の
仕上げもそこそこに塗装してしまいました。だから目く
らましで汚しをきつめにかけることにしました。
迷彩はフリーハンドで、各色適当に明度を変えたもので
塗り分けてみました。実物がどうこうより、あくまでも
表現主義的方向で。

D9lind*5.jpg

機首機銃は無ければないで気にならなかったのですが、
足回りはまるで棒だったためアカデミーのキットから
コンバート。ついでにドロップタンクも頂きました。
胴体帯は塗装、他のマーキングは全てタミヤのデカー
ルから。スピナーヘッドの螺旋が皺になってし、ガタ
ガタになってしまいました。

D9lind*6.jpg

新旧というか古代と現代のD-9比較。
う~ん、グラマラス!

スポンサーサイト
■ Comment
あっ!
どうもこんばんわっ。
あっ! リン坊、完成されたんですね~。おめでとうございます。迫力ある仕上がりですねっ。実に戦闘機らしい・・・。そんな風に感じました。しかし、
かなり苦労されたんですね~。でも、そういうキットの方が後々絶対、愛着が沸くような・・・。そんな気がしますですっ。
2006/05/07(日) 02:14:49 * URL * 小春好 #BRhx2hKI[編集]
こんばんは
リンドバー君、完成オメデトウゴザイマス!
実は一番楽しみだったのがコレ(笑)
表現主義良いですね。
意外なことに存在感は抜群ですね。
古いキットに何も足さずに今風の塗装で仕上げる...
これ、流行りそうな悪寒。
2006/05/07(日) 02:53:48 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
こんばんはー

完成おめでとうゴザイマスー

ある意味タミヤ製とは対極に位置するよーなキットですが
見事に完成したお姿は
存在感ではタミヤに負けてませんねえ
なんちゅーか
ディティール再現も重要な模型の要素だとは思うのですが
改めて塗装表現の重要性を再確認したと申しますか
なんちゅーかで
話が長くなりそうなので
この辺で止めておきますう(・ω・)
2006/05/07(日) 04:15:24 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
リンちゃん
リンちゃん完成おめでとうございます
リンドバーグのD-9の完成品、初めて見ました。 細部を見るとおかしな所があるようですが組みあがると紛れも無くD-9してますね 強そうでかっこいいです。
2006/05/07(日) 09:09:36 * URL * P.E・kisimoto #-[編集]
小春好さん、こんにちは。
プラモと模型、どちらも同じような意味なのですが、
プラモは何となく子供のものっぽいイメージ。
このキットはまさにプラモです。スケールモデルからは
ほど遠いですが、子供が手に持ってブーンと飛ばすには
充分カッコイイ。多分小学校の時に作ったゼロ戦なんかは
こんな感じのキットだったのでしょうね。
2006/05/07(日) 09:21:58 * URL * パ~ル #-[編集]
ドカ山さん、こんにちは。
今回は素組推奨で組んでいますが、こういう機体は色々と手を加えると楽しいですよね。
タミヤのなどは下手に工作するとむしろおかしなことになってしまいそうでなかなか手が入れられません。
(それはそれでとてもいいことですが)
いずれにせよ、私はコレクターではないのでこれからも
新旧問わず楽しんで作りたいと思います。
2006/05/07(日) 12:02:13 * URL * パ~ル #-[編集]
しょぼんぬさん、こんにちは。
機銃の類は一切なし、増槽たんくもなし、コックピット
イスのみ、脚注は棒となかなかに思い切りのよい構成です。
そんなわけで粗が見えぬよう汚しをきつめにかけたのですが、
単体で見るとやはりすっきりタミヤの方が見栄えが良いです。
ただ、何かしらのジオラマにすると相乗効果でいくらか
よく見えるかもしれませんね。いつか台座をつくって
キューベル君と共に再デビューさせたいと思います。
2006/05/07(日) 12:11:17 * URL * パ~ル #-[編集]
P.E・kisimoto さん、こんにちは。
正直タミヤ・リンドバーグと作ってしまったため
残りが少々作りづらくなってきました。
しょぼんぬさんもおっしゃるとおりキットとして
両極なので他のメーカーは全てこの間に入ってしまい
スタイル的な違いはあっても仕上がりとして差が出ない
ような気がします。
でも、ここはひとつ踏ん張りどころ。イタ次には
油彩デビューを飾ってもらうべく現在画策中です。
2006/05/07(日) 12:24:33 * URL * パ~ル #-[編集]
ご無沙汰しておりました。
完成おめでとうございます。
リンドバーグはドーラも発売していたのですね。
なんだか操縦席付近の胴体が特徴的でカコイイです。
この作品も風防がツルツルですねぇ。
最近風防萌えになってきました。
2006/05/07(日) 21:14:55 * URL * のろかめ #c72iqOhs[編集]
パ~ルさんこんばんは。
リンドバーグ完成おめでとうございます。なんだかんだ言ってかっこよく見えますね。塗装が細かく変化が付けられていてとてもドイツ機らしい?汚れ、褪色加減ですね。後の3機が心配になってきました(汗)・・・ね。
2006/05/07(日) 22:16:36 * URL * JW #-[編集]
のろかめさん、こんばんは。
模型作りをはじめたのが遅いので古いキットというのは
たまたま運良く店に残っていたものか、中古模型店等で
売られていたものを買う程度でほとんどありません。
このリンドバーグのキットもそうした数少ないひとつで
確か100円で購入したものです。
とても手抜き作業で仕上げたものですが、塗装では色々
試すことができて大変勉強になりました。
リンドバーグはMe410もあるのですが、いつの日か
必ず作りたいです。
2006/05/07(日) 23:29:14 * URL * パ~ル #-[編集]
JWさん、こんばんは。
結構まずいところから仕上がってしまった感じで
残りが…。と思っていたところ、3番手のイタレリに
事故発生。
(1)エナメルがペトロールで溶けるとは知らず
   排気煙がとれてしまう。
(2)一度排気煙を取ろうとエナメルシンナーに 
   綿棒を浸したつもりがツールクリーナーを
   浸していて、マーキング共々塗装がとろける。
(3)おこったことが一瞬理解出来ず手からD-9が
   滑り落ち、カウルと脚注がもげる。
(4)静岡後までD-9はお休みすることを誓う。

と、JWさんの危惧が現実になっております。
2006/05/07(日) 23:36:03 * URL * パ~ル #-[編集]
これもすごくステキ。塗装はコッチの方が私好みかも。キットのアウトラインを楽しんでいらっしゃる様子が伺えて大変楽しい製作記になりましたね。昔はキットのアラを鬼の首を取ったかのようにあげつらう風潮でしたけど、このリンドバーグのようにありのままを楽しむのもすっごく大事だと思います。
2006/05/08(月) 02:46:50 * URL * magus #mQop/nM.[編集]
magusさん、こんにちは。
キットを紹介する本やインターネットサイトなどで
古いキットを「作るに値しない」的な書き方をして
いるところもあります。もちろん新たに購入する時
はあえて古いキットを選ぶ必要はないと思いますが
古いものにも古いものなりの良さがあることを今回
あらためて実感しました。ただ凸ライン・リベット
をまともに利用しようとするとチョット大変かも。
余り細かいことは気にせずサクッと作るのが精神的
には良いですね。
2006/05/08(月) 11:20:50 * URL * パ~ル #-[編集]
遅ればせながら、
マッシブでカッコいいですねえ、リンドバーグ君!
きつめのウェザリングが、ドーラらしくてステキです。
magusさんが書いておられるように、キットの粗を探さず、素直に組むのが実は一番いいのかもしれません。
イタ公はご苦労されているようですが、ドンマイドンマイです!
2006/05/08(月) 17:00:26 * URL * Kazu #9K64Lzaw[編集]
Kazuさん、こんばんは。
ウエザリングをきつくすると、凸リベットなど光に
かざさなければわかりませんし、遠くから見ると
機銃がないのも余り気にならない(←ちょっとうそ)
パット見たらドーラには違いないのでオッケーです。
イタレリは燃え尽きて抜け殻のようになっているに違いない
6月にでも再開したいです。
2006/05/08(月) 19:04:02 * URL * パ~ル #-[編集]
こんばんはー
激しく出遅れてしまいました。
リンちゃん→リンさんになったような感じですがこの変身が素適です(笑
リベットが気にならない自分は変わり者でしょうか。
2006/05/08(月) 22:15:50 * URL * mikami #mn6gys/M[編集]
mikamiさん、こんばんは。
私もリベットは悪くないと思います。針型によるリベット表現も
「リベット的表現」という意味では同じですからね。
ただ、サンディングなどで消えてしまったリベットを
再現するのが難しいということが敬遠される理由なのかなあと思います。
現用機のように流麗なシルエットを持つものには似合わないかも
しれませんが、Ju87のような機体はむしろ凸リベットが
とても似合うようにおもえます。
いずれにせよリンちゃんは色々な意味で良い経験になりました。
2006/05/08(月) 22:55:08 * URL * パ~ル #-[編集]
遅くなりましたが
どうも~、チョー激しく出遅れてしまいました・・・
リンドバーグ君なかなかカッチョエエです。こういう作り方って肩肘張らなくていいですね。私も見習いたいと思います。
2006/05/10(水) 11:10:30 * URL * ヒロシ #-[編集]
ヒロシさん、こんばんは。
リンドバーグはいろいろな意味で面白かったです。
細かいことを気にせず、写真から感じられる雰囲気
がでれば位に気楽な感じで作ってみました。
多分、今年ミニスケールソフトスキンをほぼ素組で
ごりごり作ったのがよかったのだと思います。
一発で決めようと思わずに色々塗ったりとったり
する楽しみみたいなものが少しだけ分かった気がします。
2006/05/10(水) 18:09:09 * URL * パ~ル #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。