RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ リンレイ換気扇リパック/基礎編
2005年02月25日 (金) 00:20 * 編集
20050222114647.jpg

真夜中の実験室#1(これは本来の用途ではありません*)
マスキング・ゾルにはクレオスのMr.マスキングゾル、Micro
scaleのマイクロマスク等「乾燥後切り出せる系」とモデラー
ズのマスクゾル、クレオスのMr.マスキングゾルNEO等「乾燥
後切り出せない系」があります。私が模型から遠ざかっていた
数ヶ月の間に「乾燥後切り出せる系」のMr.マスキングゾルが
発売中止になっていました。

20050222114757.jpg

私はマスキングゾルを積極的に使う方ではないので、それ程
ショックはなかったのですが、グラスノーズの爆撃機・輸送機
など窓の数が多いものにはそれなりに利用価値はあったので、
これに代わるものを探しておりました。
そこで今回は投げ売りの露店で購入した「リンレイ換気扇リパ
ック」を実験することにします。165ml入り、税込315円。

20050222115132.jpg

成分は合成樹脂とアルコール。わずかに飴色がかりたる?透明な
ゲル状物質でとてもなめらかです。臭いはやや刺激があります。
アルコール系と書かれているようにコピックの臭いに似ています。
注意書きにもあるように換気と火気には気をつけて作業します。
ふたについているハケではあまり細かな作業には向きませんが、
とりあえず飛行機翼に塗ってみます。伸びがよく粘度が低いので
軽く塗ることで薄い塗膜が作れます。乾燥時間は厚さの程度に
よりますがおおむね20分分程度です。ただし、マスキングゾル
のように色が変わって合図してくれないので、触診が必要です。

20050222114833.jpg


乾燥後はカッターなどで簡単に切り出せます。塗膜が薄いので
切り口はとてもシャープです。余分な部分剥がしも容易です。
切り出し後ラッカー系塗料で筆塗りしましたが、塗膜が溶ける
ことはありませんでした。

基礎的実験結果は良好。さらなる実験と考察は応用編へ続く。

*!注意!
すでに確認された問題もあります。そもそも本来の用途とは違っ
た利用法です。興味のある方はあくまでも自己責任において実験
してください。当方及び発売元は一切の責任を負いません。
スポンサーサイト
■ Comment
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。