RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Kl25 d VII (HUMA)
2005年03月09日 (水) 00:00 * 編集
kl.25topS.jpg
kl25*3S.jpg

ウスバカゲロウ
クレム・ライヒトフルグツォイバウなどという舌を噛みそうな
名前の会社の第一作、クレム25軽飛行機です。初飛行時の馬力
は20HPといいますから、ほとんど250ccバイク並のエンジン
で飛んでいたことになります。形状からいっても飛行機という
よりは発動機のついたグライダーという表現の方が正しいです。
その後様々なエンジンを付け替え、最終的には100HP程度の
ものを載せていたそうです。ちなみにVIIは85HPのヒルト65R
を積んでいます。

fS.jpg

1920年台中盤、銀色に幾何図形に文字の構成はまたまた大好き
なアバンギャルドビジュアルものです。トテモカコイイ!!!!
銀塗装指示以外にRLM02(グリーングレイ)マーキングもあっ
て、まさに「ウスバカゲロウ」。フワ~っと飛ぶ様子が目に浮か
びます。多分あまりピーキーではない静かなエンジン音も心地良
く、快適な空中散歩が出来たに違いありません。

kl25*2S.jpg

キットはフーマのなかでも上です。翼のリブ表現などは絶妙で、
本当に骨が入っていそう、帆布にテンションがかかっています。
動翼も実に繊細な表現がなされていますし、とても後縁が薄い
ので飛行機としての実感が非常に高いです。HUMAの製品は一作
毎に品質が向上しているところが本当に素晴らしいと思います。
スジボリを深くしたのとシートベルトを加えたり翼の上に立って
いる(多分)ピトー管を洋白線に替えた以外はほぼ素組です。
しかし、デカールは堅いので一文字ずつ余白を切って貼りました。
スポンサーサイト
■ Comment
こんばんは
コメントされている通りふわふわ飛びそうですね。ウイングスパンが長くて優雅ですね。
それにしてもキットの羽布表現、素晴らしいです。しかも羽が薄い。
コレを曲がったりゆがんだりせずに組むのは大変だったのではと想像します。いつもながら製作のほうも素晴らしい出来ですね。
2005/03/09(水) 23:33:12 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
すべては…
このキットは元々の素性がとてもいいので、
普通に組むだけで誰でもこのように仕上がります。
もちろん運慶になる必要もありません。
フーマは扱う機体がマイナー機ばかりという
ハンデはありますが、
出来上がると結構素敵な飛行機が多いです。
ひところに比べ価格も安くなりましたし、
よく叩き売りされるアイテムの筆頭ですので、
気に入った機体があったらドカ山さんも
手慰みにひとついかがですか?
2005/03/10(木) 00:27:40 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。