RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Fi156制作#5
2005年04月01日 (金) 00:00 * 編集
fi1565topS.jpg

ようやく箱になる………。
エレールパッケージを二箱分をダメにして組めなかった変則5パ
ーツキャノピー。アカデミーにてやっと組むことが出来ました。
ここのところオープンコックピットとかクリアバックスで窓開放
とかばかりだったので、Do17Z共々クローズドキャノピーの難し
さをあらためて実感しました。

fi1565**2S.jpg

「箱になる」といっても「組めた」だけで、実際はかなり隙間や
気になるずれが生じています。5パーツを3パーツにしてくれれ
ばもっと簡単なのに…などとつぶやきたくなります。仕方ないの
で、RLM02を混ぜた溶きパテを最初はゆるいものから濃いものへ、
何度かにわけで塗りました。最初から濃いものを使うと隙間へ
きちんと入らず、後で断面が光ってしまったりするからです。

fi1565*2S.jpg

5-6回塗りたくってようやく隙間が埋まりました。この状態から
クリアパーツ同士の段差をカッターで削りとりますが、多分変な
ところがたくさんあると思います。透明パーツぎらぎらしていて
表面の状態が良くつかめませんので。

fi1565lastS.jpg

今回はエクスプレスマスクを使ってみることにします。以前どこ
かのバーゲンで買ったものです。他にもJu88やHe111など面倒
なキャノピー用を購入してあるのですが、使うのは初めてです。
一枚はがしてみたのですが、ノリが少しべたつく感じがしたので
翼や脚など他のパーツをあらかた組んでから貼っていくことにし
ました。エクスプレスマスクの使い心地はちょっと気になります。

スポンサーサイト
■ Comment
クリアパーツは拷問のようだ
こんばんはー
Fi156のキャノピーは変わった形ですね。全て平面と直線で出来ている。
生真面目なドイツの国民性を感じさせます。胴体との隙間埋め作業にも私とは手法が違いますね。凄く丁寧な処理をされているのが印象的です。5回も塗るなんて(凄い)
私はひけなくて切削性の良いポリパテを塗ったくってがりがり削っておしまいです(苦笑)
2005/04/01(金) 00:01:31 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
ドカ山さん、こんばんは。
本当にクリアパーツには困ったものです。
どうしても目が行きやすいところですから、
パシッと決めたいのですが、うーーむ。
確かに、何回も溶きパテを塗るのは面倒
なのですが、面倒なことをするとその後の
仕事が丁寧になるという習性があります。
また、私の場合先を急ぐと失敗することが多い、
これは欠点です。
2005/04/01(金) 00:23:49 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
こんばんはー
飛行機模型はクリアパーツとスジ彫りが2大拷問ですねえええ
次点はヤスリ掛けかなあああ

100円で狩ったエクスプレスマスクを
ドラケンで試してみる予定ですー


2005/04/01(金) 02:19:56 * URL * しょぼんぬ #-[編集]
しょぼんぬさん、おはようございます。
エクスプレスマスクって人気がないのか
よくバーゲンしているのを見かけます。

素材自体が硬めなので、貼る・塗るを
一気に進めないと思わぬところに隙間が
出来て吹きこぼれがありそうな気がします。
いずれにせよ、何事も経験。


2005/04/01(金) 09:15:56 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。