RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Ar96制作#2
2005年04月05日 (火) 00:00 * 編集
ar962topS.jpg
ar962*2S.jpg

再開。
とろけたFi156はしばらく冷却することにして、すぐに出来そ
うで出来ないAr96Bを着手。進められなかった理由はエンジン
カウル下の吸気口(オイルクーラーか?)の形状がいまひとつ
はっきりしなかったことがあります。機体下面ということもあ
り写真では影になって明快なものが見つからなかったのです。
そこで、ジツシさんが傾倒するリサーチ抜群といわれるKPの
キットを買って検証することにしました。(下写真、左がKP)

ar96*4S.jpg

なるほどね。写真などと比べて微妙なカーブなどはKPの方が
似てます。写真では影になって見えない部分も輪郭的にはこん
な感じかな。もう一つパイロット後の構造物(これってアンテ
ナなのでしょうか、単なる補強なのか、謎)もエレールの表現
よりこの方が正しい気がします。というわけで、エレールのパ
ーツを切り取りエバーグリーンのプラ材で自作します。

ar96**2S.jpg

吸気口は丁度良いコの字のパーツがなかったのでL字のプラ材
を向き合わせて中に吸気口の幅に切ったプラペーパを挟み接着
隙間をパテで埋めて作りました。コックピットの構造物はプラ
線材を組み合わせます。クリアバックスのカーブに合わせるた
めKPのパーツより丸く仕上げてあります。

ar96***2S.jpg

こんなものを作るだけで随分時間がかかってしまいましたが、
一応納得して次に進めそうです。あとは排気管が何とかなれ
ば一気に進みそうです。

スポンサーサイト
■ Comment
こんばんは
またしても(私にとっては)不思議な機体をいじってますね。
エバーグリーンのプラ棒ってこんなに曲がる物なのですか?!
全てプラバンを切り出してる私って物凄く無駄な作業をしている事に気が付きました。
2005/04/05(火) 01:06:14 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
エバーグリーン
ドカ山さん、おはようございます。

多分このくらいの太さならプラバンを切って
机の角などで”しごけ”ば多分曲げられると
思いますが、むしろこの太さに切るのが大変
なので、エバーグリーンを使っています。
これはしなやかでとても柔らかいのでこうした
細かい作業をするときに“力”をかけずに
切ったり削ったり出来切るのが魅力です。
細かいところを削っているとふとした力加減で
ポキッとかパキッというリスクを減らせます。
薄い帯材と細い線材が一袋ずつあるだけで、
結構便利です。
2005/04/05(火) 09:19:18 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。