RLM23
暑さ寒さが体にきついねとつぶやいたから5月8日はシニア記念日
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Ar96制作#7
2005年04月10日 (日) 00:00 * 編集
ar967tops.jpg

変わり映えのしない日常。
毎日変わり映えしない画像が続きます。一晩パテを乾かしたあと
軽くペーパーをかけますが、このままでは状況が正確につかめな
いのでコックピット内の内部色RLM02を吹きつけます。

ar967*4s.jpg

第一風防、第三風防は塗装すれば何とかなる感じですが、後部の
胴体につながる一番後ろの風防は少々段差が出来てしまいました。

ar967lasts.jpg

この段差は風防を多少削ることではとれそうもないのでパテを
胴体側に盛り削りあわせることにします。ただ、このあたりは
ある程度のところで妥協しないと逆に仕上がりが汚くなるので
注意が必要です。

ar967alfas.jpg

パテが乾く間、事故機Fi156のリハビリをしました。
Fi156は支柱で組まれた独特の形状が特徴で、場所によって太さ
が結構違います。しかし、プラスチックでの再現には限界がある
ので全体に太めに仕上げられています。はじめは気にしないつも
りでしたが、やはり最大の特徴を再現しないのはつまらないので
一部真鍮線換装することにしました。まずは一番細い支柱から。
スポンサーサイト
■ Comment
こんばんは
キャノピーの段差、この位なら私の場合はスルーですよ。細部まで本当に気を配ってらっしゃるのがわかりました。技術もさることながら、妥協するしないの境界線が私とは段違いに凄いです。見習いたいと思いました。
2005/04/10(日) 00:59:16 * URL * ドカ山 #EQLx3PZo[編集]
ドカ山さん、こんばんは。
写真では丁寧そうに見えるかもしれませんが、
実物は結構荒っぽかったりします。
組み立てにしても、塗装にしてもまだまだ
分からないことだらけなのです。
むしろ私にとっては「乱暴に作っているように
見える」のに
出来上がると素晴らしい完成品になることが理想です。
2005/04/10(日) 01:43:58 * URL * デリシャス☆白桃。 #-[編集]
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。